ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『ジュラシック・ワールド』の脚本家デレク・コノリーが映画『パシフィック・リム』続編の脚本を執筆

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デレク・コノリーがレジェンダリー・ピクチャーズの映画『パシフィック・リム』の続編の脚本を手掛ける。

テレビシリーズ『デアデビル』のショーランナー(番組責任者)であるスティーヴン・S・デナイトが監督を務める。ジョン・スペイツが脚本の草案を手掛けた。

前作の『パシフィック・リム』に出演したチャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキーが続編でも同じ役を演じるのかどうかは、明らかになっていない。

『パシフィック・リム』は2020年を舞台とし、地球の人類はイェーガーと呼ばれる兵器を操り、太平洋の地下にある異次元世界の入り口から現れたモンスターらと闘うというストーリーだ。

2013年に米ワーナー・ブラザースによって公開された同作は、製作費1億9000万ドルに対し、米国内での興行収入は1億100万ドルとなったが、全世界合計では3億1000万ドルという良好な成績を収めた。中国市場だけで1億1400万ドルを記録した。

現在、コノリーは映画『ジュラシック・ワールド』の続編と映画『スター・ウォーズ』シリーズの9作目を執筆中だ。また、レジェンダリーの映画『Kong: Skull Island(原題)』の原案を手掛けている。

コノリーはヴァーヴと代理人契約を結んでいる。このニュースは、 Hollywood Reporterが最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP