ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大画面・大容量が魅力! Galaxyの新フラグシップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


NTTドコモは2016年5月19日より、サムスン電子製のスマートフォン「Galaxy S7 edge SC-02H」を発売する。

【もっと大きな画像や図表を見る】

Edgeシリーズおなじみの、ディスプレイの両端がカーブしたデュアルエッジスクリーンを本機種でも採用。横幅が72.6mmと、Galaxy S5より0.5mmスリムになりながら、ディスプレイサイズは約5.5インチと、0.4インチほど大きくなった。また背面も同様にカーブしており、手にフィットしやすい形になっている。

S6シリーズでは非対応だった「外部メモリー」「防水・防塵」機能に対応。さらにバッテリーは3600mAhと、Galaxy S6 edgeの約1.4倍にもなった同機種。ほかの夏モデルと比べても圧倒的に大容量だ(他機種は2570~3000mAh)。「省電力モード」「ウルトラ省電力モード」「緊急時長持ちモード」など、シーンに合わせた省エネ設定もでき、充電も早く、約110分でフル充電が可能だ。

メインカメラには、F値1.7のレンズを採用。また、デジタル一眼レフに採用されているデュアルピクセルをスマートフォンで初めて搭載。うす暗い場所でも明るく写真を撮ることができる。

すでに予約は開始しており、5月18日までに予約購入すると、VRデバイス「Gear VR」(実売価格1万5000円程度)が全員にプレゼントされるそうだ。機種の魅力はもちろん、オマケまで豪華。機種変更を検討している人にとっては有力な機種といえるかもしれない。
(島尻明典/verb)

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

大画面・大容量が魅力! Galaxyの新フラグシップはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

スマホとつながるアナログ時計
曲面ディスプレイ採用、新GALAXY Noteの実力
スマホをダッシュで充電するグッズ
「スマホ保険金」請求 驚愕の理由
ツートップ戦略2年後の真実は?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP