ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

彼女が嫉妬!「彼氏が2人きりだと嫌なTPO」の境界線

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ラブラブなカップルにヤキモチは付きものだけど、その基準はカップルによって様々。嫉妬深い彼女を持っている男性の中には、同僚や女友達にまであらぬ疑いをかけられてビックリした経験のある人もいるだろう。そこで、彼氏が誰と2人で過ごしていると嫉妬してしまうのか、恋人がいる20~30代女性200人にアンケートを実施(R25調べ・協力:アイリサーチ)。嫉妬の対象になりうる相手とシチュエーションのボーダーラインを探った。

【もっと大きな画像や図表を見る】

〈彼氏が2人でいたら嫉妬する異性&場面のボーダーライン〉

※数値は「嫉妬する」と答えた人の割合

元好きな人との食事 77.5%
恋人のことを好きだった人との食事 67.5%
女性の同僚と2人で仕事をする 33.0%
不特定多数の女性がいる飲み会 31.0%

=======女性の3割が嫉妬するボーダーライン=======

女性の取引先と2人で仕事をする 26.5%
異性の家族との約束を優先する 26.0%
不特定多数の女性がいる同窓会 14.5%
不特定多数の女性がいる結婚式の二次会 14.0%
女性のマッサージ師にマッサージしてもらう 9.0%
女性の美容師にカットしてもらう 3.0%
女性の医師に診察してもらう 2.5%
その他 0.5%

※嫉妬してしまうもの(あるいは、嫌な気分になるもの)はない 9.5%

半数以上の女性が嫉妬するのは【元好きな人との食事】と【好かれていた人との食事】。一度でも恋愛感情が絡んだ相手と会うことは、たとえ嫉妬深くない女性でも抵抗があって当然だろう。また、仕事や付き合いで仕方がないとわかっていながらも、【女性の同僚と仕事】【女性がいる飲み会】は快く思わないという女性も多い様子。

さらに注目すべきは、3割以下ではあるものの、【異性の家族】や【女性のマッサージ師】など、「正直気にし過ぎでは…?」と思うような相手でも嫉妬する女性がいるということ。一体どうして嫉妬してしまうのか、各シチュエーションへの嫉妬の理由についても聞いてみた。

【元好きな人との食事 嫉妬率77.5%】
「その人のことを好きだったことを彼女も知っているなら、普通は配慮して行かないと思う。事前に知らされていたとしても気が悪い」(26歳)
「前の人のほうが自分よりもいいのかな、と思って悲しくなる」(24歳)
「その時の気持ちを思い出してしまいそうだから」(32歳)
「私がもし彼の立場だったら、ドキドキするし、楽しいし、そんなの嫉妬する」(37歳)

【恋人のことを好きだった人との食事 嫉妬率67.5%】
「相手からアプローチされるかもしれないから」(28歳)
「食事だけではすまない。迫られたらほいほいのるとおもう」(25歳)
「今でも好きかもしれないと思うと嫉妬する」(37歳)

【女性の同僚と2人で仕事をする 嫉妬率33.0%】
「ほんとに仕事?と勘ぐってしまう。相手の女性のほうが彼に気持ちがあるんじゃないかと嫉妬する」(24歳)
「2人で仕事だと絆が深まりやすいため」(28歳)

【不特定多数の女性がいる飲み会 嫉妬率31.0%】
「お酒が入るとたいてい、気が緩むから」(36歳)
「合コンを想像してしまい、嫌です」(29歳)
「新たな出会いがありそうで不安だから」(33歳)

【女性の取引先と2人で仕事をする 嫉妬率26.5%】
「2人きりというのが抵抗感ある」(28歳)
「お互いを知り、仲良くなる可能性があるから」(38歳)

【異性の家族との約束を優先する 嫉妬率26.0%】
「彼氏の妹が同棲している家に泊まることを自分に無断で決めていて、ないがしろにされた気分になった」(25歳)
「家族ぐるみの付き合いは、かなり親しくしてないと出来ないことだから(入り込めない)」(26歳)

以降、【不特定多数の女性がいる同窓会】「好きだった人が必ず来ているので」(39歳)、【不特定多数の女性がいる結婚式の二次会】「出会いが多い」(38歳)、【女性のマッサージ師にマッサージしてもらう】「触れられるのが嫌」(27歳)など。

心当たりのないヤキモチが続くと少々疲れてしまいそうだが、それもこれも自分のことを好きだからこそ…と思うと、無視はできない。つまらないことで彼女の嫉妬を買わないためには、不安の付け入る隙が微塵もないほどラブラブなカップルになるしかない!?

(有栖川匠)
(R25編集部)

彼女が嫉妬!「彼氏が2人きりだと嫌なTPO」の境界線はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「恋人いたら異性と食事は×」4割
嫉妬するポイント、男は顔!女は…
やきもち焼きほど鈍感になる?
妻許さず?同僚女性と夫のサシ飲み
男に恋愛相談「気がある」女子2割

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP