ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

経営評論家21人が選ぶ 日本史上最強の経営者TOP3

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東芝の不正会計、シャープの買収、セブン&アイのお家騒動や三菱自動車の燃費偽装などを通じて、経営者のリーダーシップやマネジメント能力が改めて問われている。

 そこで、『週刊ポスト』では、経営評論家、経済ジャーナリストなど21人と匿名の経済記者数人に、故人を含めて「彼こそ名経営者」といえる人物トップ3を挙げてもらった。

 圧倒的な得票で1位に輝いたのは、「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助(1894~1989)だ。松下電器(現・パナソニック)の創業者で、1代で世界規模の企業に育て上げた戦後の日本経済の立役者である。

 製品を「水道の水のごとく安価無尽蔵に供給して、この世に楽土を建設する」ことが松下の使命だとする「水道哲学」や、「事業は人なり」といった彼の理念は、後続の経営者に大きな影響を与えた。双日総研チーフエコノミストの吉崎達彦氏がいう。

「1932年5月5日、松下幸之助が当時の全店員168人を前に、初めて『水道哲学』を語った大阪の中央電気楽部のホールは、いまも現存しています。その時は社員みんなが感動して『私にもひと言いわせてください』と壇上に上がる盛り上がりだったそうです。私も2度ほどそこで講演をしたことがありますが、あのホールに行くといまでも当時の雰囲気が伝わってきます」

 引退後の1979年には松下政経塾を創設し、政治を通じての社会貢献に尽力した。

 2位の土光敏夫(1896~1988)は石川島播磨重工業(現・IHI)の社長、東芝の社長・会長、経団連会長などを歴任。行財政改革を審議するため1981年に発足した第二次臨時行政調査会(土光臨調)では、会長として辣腕を振るい、「ミスター合理化」「行革の鬼」などと評された。

 私生活では清貧を貫き、主菜がメザシの夕食風景がテレビで流された。それから親しみと尊敬をこめて「メザシの土光さん」と呼ばれた。

「強面なところばかりが強調されますが、土光氏は優れたコミュニケーション能力の持ち主でした。東芝の再建を託された時には『社員はこれまでの3倍働け、役員は10倍働け、僕はそれ以上働く』と語った。

 工場視察の際には必ず労組支部を訪ね、一升瓶をぶら下げて労組本部事務所に現われたというエピソードもある。社長室のドアがいつも開け放たれていたというのも有名な話です」(経済ジャーナリスト・片山修氏)

 本田技研工業の創業者、本田宗一郎(1906~1991)は3位。自動車修理工場での丁稚奉公から、自動車部品メーカーを起こし、戦後、「世界一への夢」を掲げてオートバイ作りを始めた。1962年には四輪車事業に参入、世界的な成功を収めた。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授・楠木建氏はこう評価する。

「本田氏は日本の『モノ作り』のシンボルのような人。そういう人は没頭するあまりに自己満足なモノを作ってしまいがちですが、彼はエンジニアとしてのみならず、商売人としてのマインドも素晴らしかった。

 モノ作りの力が免罪符のように使われる中で、『お客さんが欲しいものを作らないとしょうがない』という彼の開かれた商業的な心を、いまこそ改めて評価すべきだと思います」

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
独自の経営理念と創業者精神を持つ松下幸之助の軌跡を辿る本
松下電器VSダイエー テレビ値引販売で揉め和解に30年要した
世界的大企業を翻弄 経営の神様は交渉術も一流だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP