ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

元祖アメリカンヒーローをチェックせよ! 「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」が10月14日公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Captain America: The First Avenger

世界最初のヒーローであり、『マーベル・コミック』を代表する伝説ヒーローの映画が、ついに公開される。

それが『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』だ。皆さんはマーベル・コミックというアメリカンコミック誌をご存じだろうか。実はこの『マーベル・コミック』、日本ではなじみが薄いかもしれないが映画化された作品は有名なタイトルばかりなのだ。『スパイダーマン』や『アイアンマン』、『X-メン』、最近では『マイティ・ソー』を生み出した大ヒットコミック誌である、と言えばお分かり頂けるだろうか。この数ある大人気ヒーローの頂点に君臨するのが本作の主人公であり、マーベル・コミック初代ヒーローである『キャプテン・アメリカ』なのだ。

舞台は第二次世界大戦最中の1942年アメリカ。

主人公スティーブは貧弱病弱という、軍人には不適格極まりない青年だった。彼は軍の適性試験に落ちようとも何度も試験を受けていた。しかし生まれ持った身体には抗えない。ただそれでもスティーブは強い意志がある。それが「一日でも早く軍に入り戦争を終わらせること」だった。持ち前の正義感とは裏腹に体がついて行かない――そんなジレンマは常に彼をさいなやませるばかりであった。しかしあるとき、彼は“転機”を迎える。

Captain America: The First Avenger

詳しくは、映画を見てほしいが、見どころはこの『キャプテン・アメリカ』における「ヒーロー像」。通常、ヒーローといえば「特殊能力」がつきものである。しかし、『キャプテン・アメリカ』はちょっと違う。『キャプテン・アメリカ』は、人間のもつ身体能力などを極限に引き上げたヒーローなのだ。だからビームも念力も飛行能力も彼は持っていない。ただ彼は自身の肉体と手に持つ盾を主力に敵を打ち倒すのだ。彼は爽やか過ぎる好青年で、頼りがいのあるリーダーシップを持ち合わせているが、それと同時に、「弱さ」と「信頼」という、人間的な要素を抱えながら戦う「カリスマヒーロー」でもある。。

Captain America: The First Avenger

活躍する場、支え合える仲間、進化した能力が合わさり、、彼は本当のヒーローになる。彼の試練に挑む姿は人間としても共感を呼ぶだろう。革命家政治家にも負けない超絶的カリスマリーダー『キャプテン・アメリカ』の活躍を是非見逃さないでほしい。

キャプテンアメリカ

そして、記憶に新しいマーベルの映画作品である『アイアンマン』や『マイティ・ソー』などがタッグを組んだ話題作『アベンジャーズ』の公開も来年に予定されている。その初代アベンジャーとして活躍した『キャプテン・アメリカ』は是非とも見てほしい。(周木 翔)

キャプテンアメリカ

『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』
監督ジョー・ジョンストン 脚本クリストファー・マルクス&スティーブン・マクフィーリー 製作マーベル・スタジオ 主演クリス・エヴァンス 配給パラマウント ピクチャーズ ジャパン
10月14日丸の内ルーブルほか全国公開

【権利表記】
(C) 2010 MVLFFLLC. TM & (C) 2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.
【公開表記】
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』
10月14日(金)丸の内ルーブル他全国拡大3Dロードショー!
公式サイト:http://www.captain-america.jp/
公式twitter:http://twitter.com/#!/mtca_jp
パラマウント ピクチャーズ ジャパン配給
(C) 2010 MVLFFLLC. TM & (C) 2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
周木翔の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。