ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドイツのサウナ好きが、スキー場のゴンドラを「モバイルサウナ」にリノベーション!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サウナと聞いたら、石や白木でできた密室をイメージしませんか?しかし、この「Saunagondel」は、どこにでも持ち運べて、外の景色を見ながら入浴できる「モバイルサウナ」なのです!


スイスのスキー場で実際に使われていたゴンドラをリノベーション。大きさは185cm×175cmで、幅160cm、重さは190キロ。フレームや窓はそのまま生かし、木材はすべてモミの木を使っています。

ベンチのデザインに黄金比率を取り入れるなど、シンプルながら考え抜かれたデザインに。電気ヒーターは100度まで温められます。

作ったのはドイツ人デザイナーのFelix TarantikさんとToni Eggerさん。2人は言わずもがなサウナ好き。しかし、彼らのよると、現在のサウナは伝統的すぎて、美しくないのだとか。こんなコメントが。

「私たちは日常的にサウナを使っています。文化的なもので、健康にも良いですから。体の芯から温まって免疫が強くなります。ただ、いまのサウナって、伝統的すぎるんです。現代に合わせてシンプルにデザインされたことがなく、求めるような美しさがないんですよ」。

そこで彼らが選んだのがゴンドラでした。極端な温度変化に耐えられて、しかも壊れないからだそうですよ。

トラックで持ち運びできる!



モバイルだし、ゴンドラだし、思い立ったら雪山のてっぺんでサウナーー。なんてことも!?なんちゃって。

彼らは、2人用と6人用の新しいモデルを開発中で、価格はそれぞれ5,000ドルと10,000ドル(約108万円)。日本への発送は10万8,000円ほどで行えるそう。素敵なサウナで景色を楽しみながらのんびり、と考えると贅沢ですね。

Licensed material used with permission by Saunagondel

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP