ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ASU Cast One」はレーザープロジェクターを内蔵したAndroidベースのスマートウォッチ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASU Tech という中国企業が小型プロジェクターを内蔵した Android ベースのスマートウォッチ「ASU Cast One」を発売していました。ASU Cast One は、Android 5.1 やレーザープロジェクターを内蔵したスマートウォッチで、右側面にプロジェクターが配置されており、2 ~ 60 インチ 1,280 x 600 ピクセルの大きさで動画などをスクリーンや壁、テーブルなどに投映できるそうです。光源の明るさは 15 ルーメンなのですが、レーザープロジェクターなので 100 ルーメンの DLP ピコプロジェクターと同等の明るさだと言われています。実用的な投映距離は 1.5cm ~ 2m です。また、手の甲の付近には操作用のボタンが投映され、タッチするようなジェスチャーで操作できるとされています。ASU Cast One は Snapdragon 400 APQ 8026 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、768MB RAM、4GB ROM、Wi-Fi、Bluetooth を搭載しています。ASU Cast One は中国において 2,980 元(約 49,800 円)で販売されています。Source : ASU Tech

■関連記事
HTC One M8sのAndroid 6.0アップデートが開始
Googleが開発しているAmazon Echo対抗の新デバイス名は「Google Home」
NTTドコモ、警察などがスマートフォンの位置情報を調べられる機能を2016年夏モデルより導入

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。