ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたの視野をせまくする言葉~「認知症だから」~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

************************
【わざわざ視野を狭くしなくてもいい】

手の指を骨折しても、ご飯が食べられるように
身体の一部に不具合があっても、生活をすることができる。

同じように
認知症で記憶を失っても、箸を使ったり、コートを羽織ったり
自分でできる行為はある。

「認知症だから」と
「何でも小さく見積もらない」こと。
************************

「認知症」にとらわれてしまっている!?

確かに、認知症だからできないことや、わからないことはあります。だからといって、認知症がある人の言動は、それだけに決定づけられるわけではなく、いまおかれている環境や心身状況、その人の知識や経験など、いくつもの要素がからみあって、自分の言動を決めているものです。

ところが、認知症がある人の言動を、なんでもかんでも「認知症だから…」ととらえてしまっている人が少なくないように感じますが、いかがでしょうか?
(認知症だから)言っていることは正しくない
(認知症だから)説明してもしかたない
(認知症だから)どうせわからないから、声かけはしなくてもいい

自分の内面を見つめれば、上記のようなとらえ方が、クセのようなものとして見つかるのではないかと思います。あるいは、周りでそのようなとらえ方をしている人がいるかもしれません。

なぜ「認知症だから」ととらえてしまうのか?

実は、「認知症だから」というとらえ方の、もう一段深いところに、もう一つ別のとらえ方が隠れています。それは「わかりやすいもの=答え」とするとらえ方です。


人は誰でも、自分が経験してきたことや、自分が知っていることと照らし合わせながら、相手の人を理解しようとしたり、状況を把握しようとしたりします。同僚が深いため息をついていたら、「イヤなことでもあったのだろう」と推測して声をかけるでしょう。子どもが好きなハンバーグを食べなければ、「お腹が痛いの?」ときくでしょう。要するに、「ぱっと思い浮かびやすいもの(わかりやすいもの)が答えだろう」ととらえる仕組みが、わたしたちの中にはあるのです。

そのため、薬が飲まれていなければ、「飲み忘れたのだろう」と記憶力の問題としてとらえ、入浴をしなければ「入浴の必要性がわかっていない」と理解力や判断力の問題ととらえてしまうのだと考えられます。

「認知症=あらゆる能力の低下」ではない

介護現場をみていると、「認知症だから、○○はできない(わからない)」「認知症なのに、○○はできる(わかる)」というやりとりを耳にします。この前提に、「認知症=あらゆる能力の低下」という認知症観が見え隠れします。しかし、それはあまりにも、“人の可能性”を小さく見積もるとらえ方です。

記憶力が低下したり、理解力が低下することは、暮らしていく上ではきっと不便なことが多いだろうと思います。同様に、半身麻痺などになり、車イス生活を余儀なくされることも、不便なことが多いだろうと思います。

だからといって、車イス生活を余儀なくされている人をみて、あらゆる能力を失った人とは見なさないでしょう? ところが、「認知症」だと、そのようにとらえてしまっている人が多いように感じますが、皆さんはどう思いますか?

“決めつけ”が人の視野を狭くする

なんでもかんでも「認知症だから」ととらえていたのでは、相手のことを理解することは難しくなります。

例えば、「あなたは女(男)だから、わからないでしょうけど…」という否定的な態度が、言葉の端々に表れている人に、あなたは心を開いて自分の本心を話したくなりますか? 多くの人は、自分のことを“決めつけ”で見る人に対して好意的にはなれないでしょう。それに、こうした“決めつけ”があるかぎり、自分が見たいように見て、聞きたいように聞いて、感じたいように感じているという限界に、当の本人はなかなか自分では気づかないものです。

そして、“決めつけ”がある限りは、都合の良い情報に偏りがちで、視野がどんどん狭くなってしまいますので、様々な可能性に目を向けるためにも、「認知症だから」というとらえ方に気づいた時には、そのとらえ方は横におくようにしましょう。

この記事を書いた人

裵 鎬洙

アプロクリエイト代表
認知症介護コーチ&講師
コミュニケーショントレーニングネットワーク講師
介護支援専門員実務研修講師
介護支援専門員専門研修講師
介護職員初任者研修講師

【略歴】
 関西学院大学卒業後、訪問入浴介護サービスを手がける民間会社に入社。その
後、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターなどで相談業務に従事。コミュ
ニケーショントレーニングネットワーク(CTN)にてコーチング/コミュニケー
ションのトレーニングに参加し、専門職のあり方が利用者にどれほど影響するか
を実感。
 現場での臨機応変な対応につながるコミュニケーションセンスやケアの観点を
一人でも多くの人に届けるべく、研修・セッション・執筆等を行っている。介護
福祉士・介護支援専門員・主任介護支援専門員。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
認知症ONLINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP