体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カメラ一つでOK!僕が旅しながらお金を稼いだ方法

カメラ一つでOK!僕が旅しながらお金を稼いだ方法

世界一周などの長期旅行をするうえで、お金が大きな壁になることが多々あります。僕も旅の間、自ら作ったアクセサリーを売ったり、路上ライブをしたりしながら旅の資金を稼いでいる人たちにたくさん出会いました。

アクセサリーの作り方も知らないし、楽器も弾けない僕が目に付けたのがストックフォト。

あまり聞きなれないかもしれませんが、カメラさえあれば特別な技能がなくても旅先でお金を稼ぐことができるかもしれませんよ!今回はそんなストックフォトについてご紹介したいと思います。

 

ストックフォトって何?

photo-256887_1920

photo by pixabay

ストックフォトとは、色々なシチュエーションに対してあらかじめ用意された写真素材のことです。

ものすごく簡単に説明すると、自分が撮った写真をストックフォトサイトに登録しておきます。その写真を見て、使いたいと思った人や企業は写真の使用料を支払うことで、写真を使用することができるようになります。

そして、その使用料が自分に入ってくるという流れが一般的です。

 

実際に稼ぐことはできるのか?

9b04dd517582c8eb35782b1d9c55917b_m

photo by photo-ac

きっとすごい写真しか売れないんだろうな、なんて考えてしまいますよね。けど、意外と売れてしまうものです。僕自身は世界一周の旅の間に撮った風景写真を売って月に5,000円から20,000円くらい稼ぐことができました。

少ないですが、旅しているとこれだけでもありがたい収入になります。

自分の写真を購入したのが誰かはわからないのですが、不意にネット記事などで使われているのを見つけるととても嬉しくなります。

僕がイースター島で撮った写真も、知らない間にLINE NEWSで使われていたことを友達からのメールで知り、びっくりしたこともありました。

 

写真が売れるまでの流れ

13903385550_39f7316982_b

photo by flazingo_photos

ストックフォトで写真を売るには、まずは写真をそれぞれの会社のサイトに登録しなくてはいけません。また、写真を登録する際には審査がある場合もあります。

写真を無事に登録できたらあとは待つだけです。もし写真が売れたら、その都度どの写真がどのサイズで売れたかメールがきます。

支払い方法は各社によって違いますが、1か月間で売れた分がまとめて指定の口座に振り込まれたり、何枚か売れたらこちらから申請して振り込まれたりします。

 

写真をたくさん売るコツ

15287012665_10236ae84d_b

photo by Frank Wittig

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy