ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妻を震災で亡くした男性 遺族年金受給されず悲しみ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 配偶者を亡くした遺族には「遺族年金」が支給される。しかし、2014年3月までに妻を亡くした夫には、遺族基礎年金は支給されなかった──。厚生労働省の全国母子世帯等調査によれば、父子家庭は現在、全国に22万3000世帯。その世帯平均年収は455万円。ふたり親世帯の平均収入658万円を大きく下回る。なかには、遺族基礎年金を受給できずに、厳しい経済状況を強いられる父子家庭もあるのだ。

 東北地方在住の長距離トラック運転手・清水正幸さん(50代、仮名)は、東日本大震災で7才年下の妻を亡くした。

「その日、東京に向かうため午後2時に自宅を出ました。女房はパートに出ていたので“行ってきます”の言葉も交わせませんでした」(清水さん)

 その46分後に起きた大地震。清水さんが混乱の中、必死の思いで家に戻ると、あるはずの家はなくなっていた。家族とは連絡がつかない。「なんとか生きていてほしい」──清水さんは、避難所や学校などを捜し回った。子供たちとは10日後に無事再会できた。それから25日後、妻と対面した。

「会社から連絡があって、安置所の体育館に行ったんです。女房が涙を流すんです。会えてよかったって感じで。遺体が涙を流すなんて、ビックリしたんだけど。その瞬間から黒くなっていった。おれとか子供とかを待ってたようだよね。ほんの5、6時間の間に、遺体が真っ黒になってしまった。女房は亡くなったけど、周りの人たちも誰かを失ってるのね。だから、いつまで経っても、悲しいと周りの人に言えなかった」

 仕事柄、家を空けがちだったため、18才未満の3人の子供の世話や家のことは、妻に任せっきりだった。家ごと流されていたから、通帳はない。ましてどこの銀行に預けているかさえわからなかった。

「銀行をいくつも回って、やっと預け先を見つけました。でも名義はぜんぶ妻。だって、自分が先に死ぬと思っていたから。とにかく必死でしたよ」

 震災から半年後、ようやく生活が落ち着き始めた清水さんは、遺族年金の申請のために年金事務所に行った。

「子供たちを育てなきゃいけないから。でも、まさか『遺族年金をもらえない』と言われると思わなかった。数週間後にもう一度行ったんだよ。でもやっぱり、同じ結果で、冷たいというか、事務的に『現時点ではそういう制度はありません』と。

 男は働いてるからダメなのか。じゃあ働かなきゃいいのかというと、そうじゃないしね。納得できないよね。でも、そう言われるなら、諦めるしかない。そればかりに構っていられない。働かなきゃいけないし、子供育てなきゃいけないから」

 清水さんは、子供たちの世話や家事などのため、平日に休める会社に転職した。給料は一気に半分に減った。

「生活は結構きつかったんですよ。いっぱいいっぱいでね。食費も切り詰めました。私は料理が作れないので、娘が頑張ってくれましたよ。女房じゃなくて、私が死ねばよかったと思ったこともあります。女房が生きていた方が、子供たちにとっていいでしょ。私は何もできない、洗濯もできないし、ご飯も作れないし。女房がいなくなった時にすごく思った。おれが代わってあげればよかったと思った。遺族年金も私が死んでいれば出ていたわけですからね」

 2014年4月に遺族年金制度が改定された今も、清水さんに受給資格はない。

※女性セブン2016年5月26日号

【関連記事】
配偶者を失ったら遺族基礎年金と遺族厚生年金が頼り
遺族年金に男女格差 妻を亡くした夫には支給されなかった
身近な人が亡くなった後の年金関連手続きについて専門家解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。