ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

独特のコクが増す生卵料理の変化球「卵黄のみそ漬け」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 もはや国民食といえるほどとなった「卵かけご飯」。卵を生で食べる方法としては定番中の定番だが、変化球的な生卵の食べ方もある。そのひとつが「卵黄のみそ漬け」だ。そのレシピを紹介しよう。

【卵黄のみそ漬け】
■材料
卵黄…2個分、みそ…150g、ご飯…2膳分、貝割れ大根…20g

■作り方
【1】保存容器にみその半量を入れる。
【2】キッチンペーパーをみその上に敷き、卵黄を置いて包む。
【3】残りのみそで上から覆い、1~2日漬ける。
【4】器にご飯を盛り、かいわれと【3】から取り出した卵黄をのせる。

 漬かった卵黄はこっくりしたオレンジ色に。崩れやすいのでキッチンペーパーに包み、そっと持ち上げるのがコツ。

※女性セブン2016年5月26日号

【関連記事】
コンビニやスーパーの缶詰を使って5分で作れるメシ&つまみ
食欲が減る季節にオススメ 揚げにんにくの風味香る「田子飯」
90周年のキユーピーマヨネーズ 「ユ」が大文字の理由とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP