ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元巨人・国松彰氏 親友・王貞治が号泣した日を述懐

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本のプロ野球界において“球界の盟主”と呼ばれるのが読売ジャイアンツ。特別な存在として、選手時代に常に注目され続けた“元巨人戦士”たちは、第2の人生をどう過ごしているのか?

 選手、コーチ、フロントと巨人一筋で39年間を過ごした国松彰(81)は、王貞治の「ナボナはお菓子のホームラン王です」というフレーズで有名な「亀屋万年堂」の会長を務めている。

「現役時代に創業者である女房の父から『王にCMを頼めないか』といわれ、依頼したら二つ返事で了承してくれた」

 国松は1995年に亀屋万年堂の副社長に就任し、2002年に社長、2011年からは会長に。1967年のCM開始当初、4億8000万円だった総売上高は、王引退の1980年に50億円と10倍以上に。親友である巨人の大スター起用は効果抜群だった。

「ライバル会社から『3倍のギャラを支払う』といわれたこともあったようだけど、王はそんなこと一切口にせず、ウチのCMに出続けてくれた」

 選手時代に合宿所で同部屋になったことで仲が深まり、1986年からはヘッドコーチとして王監督を支えた。2年後、優勝が絶望的になった9月、王に責任が及ばないように先に辞任を申し出た。後日慰労会が行なわれ、大いに盛り上がったが、帰りに同乗した車で王の取り乱した様子を目の当たりにした。

「道が渋滞していて、普段は温厚な王が運転手を見たことのない剣幕で怒鳴りつけた。どうしたのかと思ったよ」

 翌朝の新聞で「王解任」の文字が目に飛び込んできた。慰労会の前に王は球団に呼ばれ、「来季の契約を結ばない」と通告されていたのだ。周囲に聞くと、「国松さんの慰労の会だから」との配慮で彼に伝えなかったという。

 1か月後、王と国松の慰労会を共通の友人たちが開いてくれた。その帰り、再び思いもよらぬ場面が訪れた。

「王が『悔しい。もう1年勝負したかった』と突然男泣きをしたんです。5分くらい涙が止まらず、私ももらい泣きをしてしまった」

 深い絆で結ばれた2人は、現在も月1回は会う仲だ。

「最近の王はカラオケが好き。昔は人前で歌わなかったのに、今は若い人の歌を熱唱してマイクを離さない(笑い)」

(文中敬称略)

■取材・文/岡野誠 ■撮影/渡辺利博

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
国松彰 V9巨人は大雨で試合が中止でも多摩川で休みなく練習
王貞治にシーズン最多HR許した投手 後に“王の恋人”になる
V9時代の巨人 代打失敗するとベンチに戻れないほどの罪悪感

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。