ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パーティーでこそ試したい。「お花」を使った♡なレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターのEmiko Daviesさんが、花を食べる習慣について説明しています。

味=その花の香り

「花を食べるというのは非常に特別で、いつものごはんやレシピを輝かせてくれる」というDaviesさん。ちょっと想像がつかないですが「実際の味は、感じているその香り」と説明。香りよい花が好んで調理されているようです。

イタリアでポピュラーなのがこの2種類。ニセアカシア(上)と、エルダーフラワー(下)。

どちらもジャスミンとオレンジの花のような鮮烈な香りがする花。ポピュラーな調理法は、天ぷら、また伝統的なレシピの衣をつけたフライで、旬は晩春。最初の一口から、うっとりする香りが楽しめるんだそうです。

エルダーフラワー香るドーナツ

1570年にBartolomeo Scappiというシェフが書いた本『オペラ』に載っている、一口サイズのドーナツのようなイタリアのお菓子「カスタニョーレ」のレシピ。そこには、リコッタチーズを入れた生地にエルダーフラワーの香りをつけて揚げる、と書かれています。イタリアの家庭では昔から花が食べられていたんですね。

ニセアカシアのフライ

こちらはニセアカシアのフライにはちみつをかけたもの。

フランスでも花のフライがよく食べられているそうで、有名シェフのJaques Pepinさんや料理研究家のMimi Thorissonさんも、グランマニエで柔らかくした花をバニラの入った衣で揚げたり、ケーキに入れたりして楽しんでいるみたいです。

最近では日本でもカフェで目にするようになったエルダーフラワーコーディアル。この花をシロップ漬けにしたものですが、ヨーロッパではよく飲まれていて、「Belvoir Fruit Farms」によると、ローマ時代から風邪などに効くとされていたそう。

「ちょっと作ってみたいな」という人に、ここではドーナツよりもお手軽なフライをDaviesさんのごく簡単なレシピよりご紹介♪

ニセアカシアフライの作り方

<材料>
・ニセアカシアの花
・衣
・塩
・アカシアはちみつ

<作り方>
1. ニセアカシアの茎を短めに切る。
2. 衣につけて揚げる。
3. 塩を振るか、甘めが良ければはちみつをかける。

揚げたてが香り(味)もベストだそうなので、すぐに食べること!

Reference:Belvoir Fruit Farms,
Licensed material used with permission by Emiko Davies

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP