体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

社内コミュニケーションにルー語が有効ってリアリ~?!ルー大柴のキャリア相談室 Vol.03

f:id:tyo-press:20160509194146j:plain

ハロー、エブリワン!「トゥギャザーしようよ」でおなじみルー大柴さんによる、ビジネスパーソンのお悩みをルー語でチアー(応援)していく「ルー大柴のキャリア相談室」です。今回は上下関係から合コンまで制す、ルーさん直伝・シーン別のモテ術に迫ります!

あるときはポジティブに、またあるときは優しく。ルーさんが送る熱いルー語を、ハートに刻んでいきましょう。

相談1:どうしたら自分を上司にアピールできる?

自己PRが苦手で困っています。業務で頑張ったことを、自分でアピールしないと上司が評価してくれないのですが、つい遠慮してしまいます。堂々とアピールするにはどうしたら良いでしょうか?(30代、企画職、男性)

セイはイージーでドゥーはディフィカルト(言うは易く行うは難し)でも、アピールしないと始まらない

f:id:tyo-press:20160509194150j:plain

まず自分自身の意識をチェンジするしかないでしょう。上司からすると、アピールしない限りあなたの頑張りが分かりませんから、殻を破って積極的なアクションを心がけるとグッド。とはいえ、セイはイージーでドゥーはディフィカルト(言うは易く行うは難し)ですよね。

私はありがたいことに、先輩方には可愛がって頂いた覚えがあります。大物俳優さんでも、会って二日目で仲良くして頂けたこともありました。それは下積み期間がロングだったせいかもしれません。タバコに火をつけたり、荷物を運んだりということを何年かエクスペリエンス(経験)したので、ここでこれが必要、ネクスト(次)はこれが求められる、という流れを自然とアンダースタンドできたのかも。ですから堂々と「私がやりました!」と言う人が必ずしもアピール上手というわけでもない。相手の求めているものを先回りしてドゥーすることで、信頼を築いていくというウェイ(道)もあるんですよ。

直接言いづらいなら、例えば達成できたことをメールで淡々と「今日はこんなことをしました」と伝えるのも手ですね。「私が苦労してやりました」とくどくど言うのではなく、事実としてきちんとレポート(報告)する。これも立派なアピール方法です。塵も積もればマウンテン(山)ですから、縁の下のマッスルマン(力持ち)としてコツコツ続けていけば、きっと上司もあなたの頑張りに気づいてくれるでしょう。

相談2:有名企業の社員じゃなくてもモテるには?

僕はベンチャー企業につとめているのですが、合コンで彼女をゲットするのはいつも有名企業の男ばかり。女性陣は僕にはちっとも振りむきません。なんとかトークで盛り上げようとするのですが、いつもいじられ役になってしまいます。どうすれば僕でも彼女をゲットできるでしょうか?(30代、webデザイナー、男性)

女性に対してはリッスン役に。あとは当たってブレーク(砕けろ)だ!

f:id:tyo-press:20160509194154j:plain

女性に対しては、トークで盛り上げるよりも相手の話をリッスンする姿勢でいることがインポータント(大切)。「俺は会社でこんなに大事なことをやっていて、こんなに苦労しているんだ」と語っても女性にはトゥーマッチです。それよりも「ユーはどこの出身なの?」「その指輪素敵だね。どこで買ったの?」とクエスチョン(質問)することによって、「私に興味持ってくれてるんだ」って嬉しくなりますよ。かくいう私も昔、「俺はこう成功して、こう生きていきたいんだ!」とか熱く語ってクドイと言われてました(笑)。女性は自分の話を聞いて欲しいんです。ですから、女性と接するときはひたすらリッスン役に徹しましょう。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy