ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「自分を愛する者として」。チャールズ・チャップリンが書いた、10のポエム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以下、「Collective-Revolution」の記事を紹介します。

自分を愛する者として。

チャールズ・チャップリンは、サイレントフィルムのスターとして活躍したコメディアン。髭とハットが特徴ですが、知られているのはそこだけではありません。

出演作品「The Great Dictator(独裁者)」の演説では、人々の生きる権利や、強欲さから失ったことなどが語られました。機知に富んだ彼の発想やユーモアからは、今も多くのことに気づかされます。これから紹介するポエムは、自分を愛することの大切さをより深く知るために、きっと役立つはず。

01.
自分を愛する者として、

本心に背けば、悲しみや苦しみが現れるとわかった。

今日、ぼくはそれが「真実」だと知っている。

02.
自分を愛する者として、

もし、自分の欲を押し付ければ、相手の気分を害すとわかっている。

今じゃないとわかっていたら…。
相手の準備がまだとわかっていたら…。
たとえ、その相手が自分でもだ。

今日、ぼくはそれを「尊敬」と呼ぶ。

03.
自分を愛する者として、

ないものねだりはやめた。ぼくには見える。
周りにあるすべてが成長へと呼びかけてくれる。

今日、ぼくはそれを「成熟」と呼ぶ。

04.
自分を愛する者として、

どんな事情も理解した。
ぼくは、正しい時に、正しい場所にいる。
すべては起こるべき瞬間に起こる。
だから、落ち着いていられる。

今日、ぼくはそれを「自信」と呼ぶ。

05.
自分を愛する者として、

ぼくは、自分の時間を盗むことをやめた。
未来のために大きな計画を立てることもない。
歓びとしあわせだけに目を向ける。

愛すべきことや、勇気づけてくれることを、
自分のやり方と自分のリズムでする。

今日、ぼくはそれを「素朴」と呼ぶ。

06.
自分を愛する者として、

ぼくは、体に良くない物から自由になった。
食べもの、人、モノ、状況。
気分を落ち込ませることや、性に合わないもの。

はじめはそういう態度のことを、
「ヘルシーエゴイズム」と呼んでいた。

今日、ぼくはそれを「自愛」だと知っている。

07.
自分を愛する者として、

ぼくは自分の間違えに気づいた時から、
常に正しくあろうと努力することをやめた。

今日、ぼくはそれが「謙虚」だとわかった。

08.
自分を愛する者として、

過去や未来を心配しないようにしている。
今、ぼくはこの瞬間だけに生きている。

そこですべてのことが起きている。
今日、ぼくはその日1日1日を生きている。

そして、そのことを「満足」と呼んでいる。

09.
自分を愛する者として、

自らの心に邪魔されることがある。
うんざりするものだ。
しかし、強く繋がれば力強い味方になる。

今日、ぼくはそれを「心の知恵」と呼ぶ。

10.
自分を愛する者として、

言い争いや衝突、
そのほかあらゆる問題を恐れる必要はない。
たとえ隕石が降ってきて気が狂ったとしても、

今日、ぼくはそれが「人生」だと知っている!

自愛について書かれた言葉の数々。素晴らしいですよね。チャップリンの賢さがたしかに感じられます。力強いポエムは、私たちの人生や体験、そのすべてに通ずる学びを再確認させてくれます。知っているだけで、いつかきっと役に立つはず。それぞれの詩の意味を心に留めて、うまくいかないときに思い出したいものです。

自分を愛して悪いことなんてありませんよね。成長したい部分があるのも、ありのままの自分を受け入れることも、長い人生の旅の一部なのです。

そのほかより良い人生を送るためのヒントについて、「How To Change Your Life For The Better In One Month」や、Collective Evolutionの記事を読んで見てね。

Top Photo by Bettmann/Bettman/Getty Images

Licensed material used with permission by Alanna Ketler, via Collective-Evolution.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP