ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コラーゲンの生成を促進してくれるトロピカル植物「スマ」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさん、スマという植物をご存知でしょうか。東南アジアの高麗人参に対して、南米のブラジル人参と呼ばれているハーブです。ブラジルでは300年以上も前から使用されてきました。スマであるブラジル人参はロシアンシークレットと呼ばれており、ロシアのオリンピック選手達が筋肉増強や運動能力を促すためや、空腹感をコントロールするために使用されてきたハーブで、ブラジルでは万能薬と呼ばれています。

スマとは?

スマとはブラジルのアマゾン流域やペルーなどの南米の亜熱帯地域に自生するパフィアと呼ばれる植物で、根っこの部分が高麗人参に非常に良く似ていることから、ブラジル人参や南米人参と呼ばれています。南米では滋養強壮剤として用いられています。

スマの成分

スマには19種類ものアミノ酸、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンKなどの豊富な抗酸化物質が含まれています。またチアミン、リボフラビン、鉄分、亜鉛などのミネラルや、必須ミネラルのシリカも含んでいます。有機ゲルマニウムを含んでいることもスマの大きな特徴です。

アンチエイジングにオススメ

コラーゲンの合成を促進する作用や、線維芽細胞を増殖させる効果があることから、お肌に弾力とハリを与えて、気になる小じわやシワなどを抑制すると同時に、お肌の潤い保つ効果があるため、お肌の老化が気になる方には是非摂取してほしい成分です。

滋養強壮にもオススメ

マカのように男性の滋養強壮剤としても効果があります。 催淫作用も非常に高いためカップルでの使用もオススメです。

アラサー女性にはぴったり

女性ホルモン“エストロゲン”と同じような作用を持つ植物ホルモンが含まれているため、女性独特の悩みである生理痛・PMS・更年期障害などに効果があります。

writer:ベターマルシェ

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP