体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南アフリカで野生動物と子供達と一緒にボランティア体験(前編)

人生が変わるような経験をしてみたいですか?
南アフリカでボランティアをして、恵まれない子供達を助けたり、多様な野生動物と働いてみませんか?

volunteering-with-wildlife-and-children-in-south-africa-my-enriching-experience-via-just1wayticket

2014年12月、私はDaktariという野生動物保護施設から、「南アフリカで野生動物と子供達のためのボランティアをしないか」という誘いを受けました。

最初は戸惑いました。私は一度もボランティアをしたことがなかったからです。アフリカはエジプトしか行ったことがなかったですし、私としては、エジプトはアフリカというより中東という認識でした。

いつものように、迷ったときはママにスカイプで相談です。お母さんに南アフリカを訪れることについて相談したら、彼女の頭の中に浮かんだのはエボラやマラリアのみでした…。まったくもう。

「家に戻ってきたほうが断然安心で安全よ」と、お母さんは言いました。数週間後にクリスマスを控え、ドイツに初雪が降ったことも、もちろん教えてくれました。

私は決心しました。そしてDaktariという野生動物保護施設に、メールでアフリカに行くと伝えました。

3週間で3つのボランティアプロジェクト

Daktariのスタッフは、はじめて私に連絡をくれたときからとても親切でした。南アフリカで複数のボランティアプロジェクトに参加し、違った経験をしてみることを提案してくれたのです。

Daktariはいくつかの動物保護区を私のために選んでくれました。どれも世界的に有名なクルーガー国立公園があるホエドスプルートエリアの近くでした。クルーガー国立公園では、自然界のビッグ5(ゾウ、ライオン、サイ、バッファロー、ヒョウ)を見ることができます。

クルーガー国立公園の近くでボランティア休暇を過ごすことは、実はかなり人気があります。なぜならボランティアをしながらアフリカの野生動物をとても近くで見ることができ、忘れられない経験になるからです。

safari-tour-watching-lions-who-were-watching-zebras-volunteering-with-wildlife-and-children-in-south-africa-my-enriching-experience-via-just1wayticket

リサーチを少しした後、私は興奮でいっぱいになりました。私のミッションは、3〜4週間ボランティアをして南アフリカでの生活を見て、野生動物を観察することでした。

南アフリカに着いた瞬間、私は息をのむほどの絶景に驚きました。まず最初に気づいたのは、静けさです。私は茂みの中に降り立ちました。その瞬間、私は世界の喧騒から遠い場所にいました。夜に聴こえるのはライオンの遠吠えだけで、朝は鳥の鳴き声で目覚めます。

私は3つの動物保護区を訪ねることにしました。まずはDaktari Bush School。なぜここを最初に選んだかというと、彼らが私を南アフリカに招いてくれたからです。それから私はSiyafunda動物保護区ホワイトタライオンプロテクションを訪れることにしました。

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。