体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毎日白いシャツを着るデザイナーが作った「究極の白シャツ」は、スタイルの切り札になる

生活・趣味

黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、今やザッカーバーグの専売特許。

見た目で自己主張するよりも、物事を決めるのにかかる時間やストレスを少しでも減らしたい人たちがいる。だから洋服にこだわらない?むしろその逆。あの黒タートルがイッセイ・ミヤケによるオーダーメイドだったことは有名な話だ。「究極のノーマル」とか「シンプルで自然体」のように、ニュアンスだけでノームコアを捉え、安易なモノ選びをしていては、結局誰かの猿マネにしかならない。

一方で、こんなこだわりを持つ人もいる。毎日着るシャツを自分でデザインする、とかね。

毎日でも着たくなる。
こだわりを込めたシャツ

毎日白いシャツを着るデザイナーが作った「究極の白シャツ」は、スタイルの切り札になる

まず、“シャツ”よりも先に目を通してもらいたいのが、このメッセージ。「くまモン」生みの親であり、ブランディングからアートディレクションまで、マルチに才能を発揮するクリエイティブディレクター水野 学氏による直筆のもの。人となりや感情が伝わる“手書き”の価値にも、こだわりを持つ男の「白シャツ」にかける熱意が、その筆跡からも伝わってくるはず。

ここで紹介するシャツは、そんな水野氏が自分が着るためにこだわりまくって作った逸品だ。

ちゃんとして見え、
“切り札”にもなる。

毎日白いシャツを着るデザイナーが作った「究極の白シャツ」は、スタイルの切り札になる

白いシャツに求めるもの。それは「ちゃんとして見える」こと。清潔感があり、聡明な印象を与え、いざというときにも外さない──。

細めの身幅、着丈も少し短め。糊の利いたYシャツのイメージではなく、こちらはノーネクタイでズボンの上からサラッと羽織るような着こなしが身上。つまりは普段着としてじゃんじゃん使うことをイメージしたもの。それでいてカジュアルすぎず、どんな相手と対面しても不快な印象を与えず、どこへ出ても恥ずかしくない。なるほど、ちゃんとして見え、いざというときに外さない所以がここにあるのか。

さりげないのにきちんとしている。オンオフ両用のまさに“切り札”。「こだわりまくって作った」とわざわざ水野氏が強調するのも納得。デザイナーとしての視点が細部にまで活かされた、毎日でも着たいと思えるシャツ。これは説得力がある。
毎日白いシャツを着るデザイナーが作った「究極の白シャツ」は、スタイルの切り札になる

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会