ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

J.J.エイブラムス製作『10 クローバーフィールド・レーン』日本版予告公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月17日より公開となる、J.J.エイブラムス製作の最新作『10 クローバーフィールド・レーン』。先日解禁となった衝撃の特報映像に続き、日本版オリジナル本予告(https://youtu.be/v5p75bp-0UQ)が到着した。

 『スター・トレック』(’09)、『SUPER 8/スーパーエイト』(’11)、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(’15)など、数々の大作に監督・脚本・製作などで携わり、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(’15)で北米興行収入歴代最高を記録、映画史を塗り替えたJ.J.エイブラムス。その次回作として彼が新たにプロデュースした本作は、多くの謎に包まれながらも3月11日(現地時間)に北米3,391館で公開され、公開3日間で興行収入約2470万ドルを記録(Box Office Mojo調べ)。海外メディアからは絶賛の声が相次ぎ、米映画評集計サイトのRotten Tomatoesでは、90%以上という高得点を獲得している。

 本作は、突然の衝突事故に見舞われた一人の女性・ミシェルが、シェルターの中で目を覚ましたところから始まり、「きみを救うためにここへ連れてきた」と話す謎の男・ハワード、自らシェルターに逃げてきた青年・エメットとの共同生活が物語の軸となる。謎の男・ハワードを演じるのは、第84回アカデミー賞5冠の『アーティスト』(’11)、第85回アカデミー賞3冠の『アルゴ』(’12)などにも出演し、幅広いジャンルで活躍する演技派俳優、ジョン・グッドマン。女性・ミシェルを演じるのは、『ダイ・ハード』シリーズでブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーン刑事の娘・ルーシー役を演じ、人気上昇中のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。もう一人の男・エメットには、トニー賞受賞歴もあるなど舞台でも活躍し、『ショート・ターム』(’14)の出演が記憶に新しいジョン・ギャラガーJr.。実力派の若手とベテランが織りなすキャスト3人のアンサンブルが、『10クローバーフィールド・レーン』の謎めいた世界に観客を引き込んでいく。

 今回到着した映像では、中に入れてと訴えかけるようにシェルターの扉を激しく叩く女性が現れ、そのあまりの剣幕にミシェルがとまどっていると「絶対に入れるな! ヤツらに殺される!」と男が叫びだす。正体不明の“ヤツら”の姿は勿論、避難しているはずの地下シェルターの中でさえ何かが起こっていると予感させる、緊迫感溢れる映像に仕上がっている。

(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

◎映画『10 クローバーフィールド・レーン』
2016年6月17日(金)全国ロードショー
製作:J.J.エイブラムス  
監督: ダン・トラクテンバーグ(長編映画初監督作品)
出演: ジョン・グッドマン、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョン・ギャラガー Jr.     
公式:http://bit.ly/1TdtZTA
<STORY>
目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。
ある日、ミシェルは必死にシェルターから抜け出そうと試みるが、「ドアを開けるな! 皆 殺されるぞ!」と叫びながら制止しようとするハワード。ミッシェルはシェルターのドアまでたどり着く。ミシェルの表情が恐怖と驚きに満ちた表情に変わっていく。
シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは――?

関連記事リンク(外部サイト)

新作『スタ-・ウォ-ズ』に高田馬場が出現!? J.J.エイブラムス監督が秘密を明かす
J.J.エイブラムス、最近覚えた日本語は「じぇじぇ」 『スター・トレック~』の監督&キャストが来日
『スター・ウォーズ』伝説最新作の映像が全世界一斉公開 ヒロインは美人なのに“やんちゃ女子”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP