ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

J・ティンバーレイクが新曲で米1位発進、リアーナはマイケルの記録に並ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月28日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”にて、ジャスティン・ティンバーレイクの新曲「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」がNo.1に輝いた。先週首位に立ったドレイクの「ワン・ダンス」(feat.ウィズキッド&カイラ)からその王座を奪ったティンバーレイクは、ソロとして5度目の同チャートNo.1となる。

 また、リアーナは「ニーデド・ミー」が先週13位から10位へ浮上したことにより、“Hot 100”史上3番目に多くトップ10入りしたマイケル・ジャクソンの記録に並んだ。

 5月6日にアニメ映画『トロール(原題)/Trolls』サウンドトラックからの1曲としてドリームワークス/RCAレコードからリリースされた「~フィーリング」は、“Hot 100”史上26曲目となる初登場1位曲で、ティンバーレイクにとっては初の1位発進となった。初登場1位曲はゼインの「ピロウトーク」(2月20日)以来だ(ちなみに1958年8月4日からある“Hot 100”の歴史において「~フィーリング」は1,055番目のNo.1曲)。

 なお、「~フィーリング」は12日までの初週で37万9,000ダウンロードを記録(ニールセン・ミュージック調べ)しており、1曲の週間セールスとしては自己最高となった。今年リリースされた曲においても週間ベスト・セールスをマークしている。

 一方、先週初のNo.1を獲得したドレイクの「ワン・ダンス」は2位へランクダウン。以前2週にわたり同チャート1位をマークしたデザイナーの「パンダ」も2位から3位となるも、同ラッパーのデビュー・ヒットとなったこの曲は“Hot Rap Songs”チャートでは依然として6週目のトップを維持している。

 ルーカス・グラハムの「セブン・イヤーズ」は3位から4位へダウン。トップ5を締めくくるのはマイク・ポズナーの「I Took a Pill in Ibiza」で、先週4位からのダウンだ。

 続く6位は、先週5位からのダウンながら未だトップ10内を維持するフィフス・ハーモニーの「ワーク・フロム・ホーム」(feat.タイ・ダラー・サイン)。Dayaをフィーチャーしたザ・チェインスモーカーズの「Don’t Let Me Down」は7位キープ、ドレイクをフィーチャーしたリアーナの「ワーク」は8位、そしてゼインの「ピロウトーク」が9位となっている。

 トップ10の最後はリアーナの「ニーデド・ミー」で、先週13位からのトップ10入り。リアーナにとっては29度目の“Hot 100”トップ10となり、マイケル・ジャクソンと並んで史上3番目に多いトップ10入り記録となった。これを上まわるのはマドンナの38回とザ・ビートルズの34回のみだ。

 なお、トップ10圏外で注目すべきはザラ・ラーソンとエムネックの「Never Forget You」で、先週23位から14位へ急浮上を見せている。また、アリアナ・グランデの最高位10位だった「デンジャラス・ウーマン」が、18位から16位へと再浮上。5月20日には彼女の同名タイトルのニューアルバムがリリースされる予定だ。

関連記事リンク(外部サイト)

ジャスティン・ティンバーレイクがカントリー界進出か、リトル・ビッグ・タウンとスタジオ入り
ジャスティン・ティンバーレイクが息子の顔を初公開
ジャスティン・ティンバーレイク、甘~いコメントで妻の誕生日祝う

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP