ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ROOT FIVE、新体制初のツアー「STORYLIVE 2016『序』~舞踏絵巻~」開幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月15日。ROOT FIVEはEX THEATER ROPPONGIのステージに立った。

このライヴは、「ROOT FIVE STORYLIVE TOUR 2016『序』〜舞闘絵巻〜」と題された全国8ヶ所をまわるツアーの初日であったのだが、2015年の10月末で蛇足が脱退した後、江川直樹(ぽこた)、石城結真(みーちゃん)、藤谷慶太朗(けったろ)、駒沢浩人(koma’n)による新体制初のツアーとして行なわれるはずだった、1月31日の振り替え公演でもあった。

本来ならば、1月31日を4人体制の初ライヴとし、3月11日から同タイトルで全国ツアーをスタートさせるはずだったのだが、ライヴのリハーサル中に江川が左目を負傷しドクターストップがかかったことから、1月31日の公演の延期を発表し、予定していたツアーの内容をすべて白紙に戻し、急遽内容を変更。

前半を16の國(ツアーの本数)をめぐり天下統一を試みる「ROOT FIVE STORYLIVE TOUR 2016『乱』〜國盗草子〜」、そしてこの日の振替公演を含むツアー後半を「ROOT FIVE STORYLIVE TOUR 2016『序』〜舞闘絵巻〜」としたのである。故に、5月15日のこの日のライヴは、“本当の意味での新生ROOT FIVEのスタート”の日でもあったと言える。

彼らは無事に「ROOT FIVE STORYLIVE TOUR 2016『乱』〜國盗草子〜」をまわりきり、1月31日の振り替え公演として5月15日に設けた、「ROOT FIVE STORYLIVE TOUR 2016『序』〜舞闘絵巻〜」を届け、新たなる章の幕を開けたのだった。

その幕開けとなる1曲目は、6月8日にリリースされるニューシングル「参乱-MAIRAN-」。ROOT FIVEのリーダーである駒沢浩人が作詞・作曲・編曲を手掛けた、『和』『戦国』『武将』をテーマとするこの曲は、まさしく、今回のSTORYLIVE【『序』〜舞闘絵巻〜】を魅せていく上で必要不可欠な楽曲である。已むない形でスタートした【『乱』〜國盗草子〜】では、ライヴのラストに行なっていた楽曲だが、江川の本格的な復帰となったこの日のライヴでは、彼らがこのSTORYLIVEで届けたかった“本来の形”を、やっと完全体で届けることが出来たという訳だ。

「和」をコンセプトとした武将の衣装に身を包み、華麗に殺陣を魅せ、堂々たる立ち姿と力強い歌唱で届けた「参乱-MAIRAN-」。それは、これまでのROOT FIVEの印象を一掃するかのような勢いを放つモノだったと言っても過言ではない。

彼らはそんな「参乱-MAIRAN-」をオープニングとし、一旦ステージから身を引くと、ホワイトとシルバーを基調とする衣装に着替えて再びステージに登場し、ここからは“現代”へと時を移し、4人になったありのままのROOT FIVEのステージを届けていったのだ。

ずっしりとした低音が重厚な印象を与えるEDM曲「Imaginations」や、様々なジャンルを操る駒沢の作曲らしいタンゴ調かつ、古き良き時代の歌謡メロを思わす「S」、約3年ぶりの披露となったバラード「いとしいひと」など、改めて【新体制】を見せつけるかのように、ライブは展開していく。1人1人の意識がより深くなったと言うべきだろうか。マイナス1の物足りなさを感じることは決して無く、むしろ、これまで以上に個々のキャラクターが色濃く出ていたと言えるだろう。ダンスやフォーメーション、歌唱はもちろん、気負いのない自然体なMCからも、彼らのROOT FIVEに向ける強い想いを感じることが出来た。

さらに。ライヴ後半で魅せた【舞台パート】では、彼らが作り上げていこうとする“新たなるROOT FIVE”を、しっかりと感じることが出来たのだった。

この舞台パートは、4人が記憶を失った状態で平安時代へとタイムスリップし、武将の魂が乗り移るという設定で物語は幕を開ける。“源氏勢の源義経(江川直樹)と鬼若丸(石城結真)、平家勢の平清盛(藤谷慶太朗)と那須与一(駒沢浩人)という、元居た時代”でROOT FIVEという絆で結ばれた4人は、見えぬ力によって平安時代でも引き寄せられていく。

フロアが真っ赤に染まった鬼若丸(石城)のキャラクターソング「千の願い」。ディープなロックチューンにハードなラップリリックが光った平清盛(藤谷)のキャラクターソング「Ruler」。伸びやかな歌唱が活かされたメロウなロックナンバー、源義経(江川)のキャラクターソング「魂のシャウト」。ジャジーな空気を客席の蒼が演出した那須与一(駒沢)のキャラクターソング「白黒メソドロジー」。それぞれのキャラクターをイメージして作られた会場限定販売のキャラクターソングたちは、オーディエンスが各メンバーのイメージカラーでフロアを染めるという、届け手と受け手が一体となって作り上げるライヴの形で成立していたのだった。

長台詞と殺陣、見事なフォーメーションとパフォーマンス。そして、聴き手を惹き付ける見事な歌唱。4人の完璧な演技と歌唱に、客席からは終始驚きの声が漏れ響いた。

4人は“元居た時代”に戻るために必要とされる“三種の神器”を手にし、元居た時代へと舞い戻ったのだった。現在の彼らの在り方とリンクする部分を感じさせるそのストーリーに、涙するオーディエンスも多く見かけられた。それはきっと、彼ら自身が、演技でありながらも、そこにそれぞれがROOT FIVEにかけるこの先の想いを託していたからであろうと感じた。彼らは、それほどまでに生々しい情熱を宿した、新たなライヴの形を提示してくれたのだ。

“ROOT FIVEコール”でステージに呼び戻された4人は、改めて“4人で歩むことになったROOT FIVE”を噛み締めながら、オーディエンスの声に応えた。ステージ中央にギュッと集まり、“新たな幕開け”の手応えを4人でしっかりと感じ取っていたその光景は、オーディエンスの胸をより熱くしたに違いない。

初日でありながら、完璧といっていい出来栄えのライヴだったと言っても決して言い過ぎではないだろう。この日から、4人のROOT FIVEがスタートしたと言ってもいいだろう。

彼らはこの後、6月10日の広島から、名古屋、大阪、札幌、福岡、仙台とまわり、7月24日に東京に戻ってくる。この完璧な初日が、6本のライヴを経て、さらに成長するかと思うと恐ろしい。

終演直後、ステージから戻った4人にライヴの感想を訊いた。

江川直樹(ぽこた)コメント
内容はきっともっともっと詰められるんじゃないかなって、今日やってみて思いましたね。これは、やりきれなかった悔しさではなく、やってみての手応えが大きかったからこそ、もっと上を目指せるんじゃないかなっていう前向きな意味で。とにかく、今出来るすべては出し切れたライヴだったんじゃないかなと思います。欲をいえば、まだまだ課題はあると思うけど、現状満足感しかないです。正直、自分の怪我で4人でのスタートの出ばなを挫いてしまったので、この日からのスタートはもう失敗出来ないというプレッシャーはかなり大きかったんです。不安だったし、心配だったし、正直、こうして無事に終わるまで怖くてしかたなかったんです。それもあって今、無事に初日を迎えることが出来て、こうしてやりきれたことに安堵してます。メンバーももちろん、本当に支えてくれたファンのみんなやスタッフに感謝してます。キャラクターソング「魂のシャウト」は、今回からダンスが付いて、刀を持ちながら歌っているんですけど、江川直樹ではなく、源義経として歌えたことが進化であり、本来の形でもあるので、ここからますます育てていけたらと思ってます。STORYLIVEというモノを、ROOT FIVEの1つの個性としていけるように、この先も、地に足をつけてしっかりと頑張ってきたいと思います。

藤谷慶太朗(けったろ)コメント
いやぁ、無事終りました。と言っても初日なわけですが、今、最高の気分です! 俺は今日、いままで生きて来た中で1番カッコよかった!そう言い切れるライヴが出来たと思います! いやぁ、歌舞いてたね〜、今日の俺(笑)。やっと本当の意味で、『序』〜舞闘絵巻〜のスタートが切れましたね。実際、3月11日からのツアーでも4人体勢だったんですけど、今日のライヴの形が本来魅せたかった形でもあったので、やっと新しいスタートが切れたって思ってます。【全然いままでと違うROOT FIVE】が作れたと自信を持って言えるし、そんなステージを作れた自分たちを誇りに思うし、その瞬間に立ち合ってくれたみんなに改めて感謝してるし、支えてくれたスタッフにもすごく感謝してます。本当にありがとうございました。キャラクターソング「Ruler」は、『乱』〜國盗草子〜のときにも藤谷慶太朗として歌ったんですけど、今回は平清盛として歌えたことで、よりこの歌本来の魅力を引き出せたと感じてます。本当に、“ここから新たなスタート”であるという手応えを改めて感じています。ここからの成長に是非期待していてほしいです。

石城結真(みーちゃん)コメント
『序』〜舞闘絵巻〜、無事初日を終えることが出来ました。これが本来魅せたかった形であったわけですが、自分は演技というのが初めてだったので、7年ぶりにライヴ前に緊張しましたね。オープニングにガッツリとコンセプチュアルな演出を魅せたこともあって、とにかく緊張したので、必死過ぎて、正直あんまり覚えてないです(笑)。それだけ夢中だったってことだと思います。1つ個人的に残念だったのは、初っ端でヘッドセットが緩んでしまうというアクシデントが起こって、声をマイクに拾わせるために必死に大きな声を出して歌ったので、早い段階で声を嗄らしてしまったんですよ。それもあって、それぞれの見せ場でもあったキャラクターソング「千の願い」を、完璧な状態で歌う事が出来なかったことが、すごく悔やまれますね。でも、4人でのステージは、何回も重ねた練習のときよりも、1回の本番の方が意思の疎通が出来ていたと感じられたのが、すごく嬉しかったです。この先、ツアーで回を重ねるごとに成長していけるんだと思うと、楽しみでしかたないです。4人では、最高の形を初日で残せたと思うので、ここからは個人的に悔いを残すこと無くさらに頑張って、“今日以上の最高”を魅せていけるように頑張りたいと思います!

駒沢浩人(koma’n)コメント
僕はそこまで緊張しなかったです。何を隠そう、昨日の練習で、途中、江川の着替えが間に合いそうにないということになり、急遽みーちゃん(石城結真)との掛け合いのアドリブを入れることになって、少々焦りはしたんですけど、練習では感じられない、お客さんが居てくれるからこその空気感で上手く表現出来たところもあったし、演技も自然とアドリブを加えることが出来たし、改めてライヴの持つ力を感じることが出来ました。これまでのライヴとは違って、すごく練習も大変だったし、覚えることもたくさんあったんですけど、苦労した分だけ、こうしてライヴが終ったあとに大きな達成感が待っててくれるので、今は本当に喜びしかないですね。きっとビールが美味しいんだろうなぁ〜って(笑)。「キャラクターソング「白黒メソドロジー」は、ロック系な他の3人とは違ったキャラを出せてたんじゃないかなと思いますね。ちょっと妖艶なイメージを差し込めたのも、いいアクセントになったなと、改めて思いました。あと、本当に久しぶりにやった「いとしいひと」も、4人になって歌ってみて、改めて、ここから4人で頑張っていくんだなって思えた瞬間にもなったので、この先も今日の気持ちを忘れずに、もっともっと成長していけたらいいなと思っています。どうぞこの先も、4人になって新たなスタートを切ったROOT FIVEをよろしくお願いします!

Writer :武市尚子
Photo: TAMAI SHINGO / 千田 俊明 / 高田真希子 / にしゆきみ

関連リンク

ROOT FIVE オフィシャルウェブサイト:http://avexnet.or.jp/rootfive/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP