ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つらい鼻づまりを解消!セルフヒーティングのフェイスマスク「Sniff Relief」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

季節の変わり目に起こりやすい、鼻水・鼻づまり。これを緩和する便利なアイテムが、Kickstarterに登場した。

「Sniff Relief」は、副鼻腔の圧迫感や鼻水を和らげる、自己発熱式のフェイスマスク。鼻周りをあたためることで、鼻腔内の圧迫を抑え、つらい症状を緩和。薬や鼻腔用スプレーより、短時間での効果が期待できるという。

・リモコン操作で自在に温度設定

本体は調整可能な弾性ストラップ付きで、鼻の形状に合わせてぴったりフィットするようにデザイン。

設定はすべて、付属のリモコンで行う。ボタンはわずか4つ。複雑なモードなしで、電源オン・オフからディスプレイ設定、温度の調整が可能だ。

最大12時間まで連続使用できるため、睡眠時の装着もOK。鼻がつまって眠れない夜も、大いに活躍してくれそうだ。何よりうれしいのは、市販の薬を使うより、断然コストが割安なところ。副作用の心配もないため、子どもやお年寄りでも、安心して使うことができる。

・Kickstarterでも大人気

Kickstarterでの人気は上々。公開数日で、目標金額を達成している。プレオーダーは59ドル(約6,400円)から。支援は6月25日まで、受け付ける。

薬に頼らず、手軽に利用できるのが本品の魅力。ただし、症状がひどい場合は、やはり専門家の診断が必要。速やかに、医師に相談しよう。

Sniff Relief/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP