体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日本で働く外国人女性がセキララ告白】 日本のビジネスパーソン、ここがヘン!

f:id:k_kushida:20160516170214j:plain

少子高齢化、労働力不足などの問題を補うために、ダイバシティを積極的に取り入れる企業が増えてきた。ダイバシティの要は女性と外国人。確かにここ数年で社内に外国人が増えてきたことを実感する人も多いに違いない。

グローバリゼーションの波が押し寄せる中、日本で働く外国人から我々はどう見られているのか。どうしたら文化や考え方が違う人々とうまくコミュニケーションが取れるのか。

そこで、今回は、日本で働いた経験のある外国人女性3人を招き、日本人ビジネスパーソンに対して感じた「不思議に思う言動」について聞いてみた。

<登場人物紹介>

f:id:k_kushida:20160516170941j:plain

▲左からサンドラ、ジェニファー(仮名)、レティ(仮名)、高嶋

■サンドラ

ドイツと日本のハーフ。複数の日本企業および外資系企業との仕事経験がある。著書に『ハーフが美人なんて妄想ですから!!』(中公新書ラクレ)、『満員電車は観光地!?』(流水りんことの共著/KKベストセラーズ)、『「小顔」ってニホンではホメ言葉なんだ!?~ドイツ人が驚く日本の「日常」~』(流水りんことの共著/KKベストセラーズ)など計10冊。

■ジェニファー(仮名)

アメリカ人。アメリカの企業のみならず、おもちゃメーカー、広告代理店など複数の日本企業で働いた経験がある。イギリスの会社で働いたことも。

■レティ(仮名)

フランス人。フランスの企業のみならず、ゲームメーカーなど日本の企業で働いた経験がある。日本の大学でフランス語の教鞭をとることも。

■高嶋

日本人。求人誌・転職情報サイトに編集者として15年以上在籍。キャリアコンサルタントとしても活躍。著書に『トップ1000人に学ぶ 一流理論』『「○○業界の法則」辞典』(PHP研究所、高嶋ちほ子著)などがある。

<ここがヘン!その1>制服を着たままランチをするときは、言動に気を付けましょう

サンドラ:この前、ある会社のトイレで「制服を着たままランチをするときは、言動に気を付けましょう」というこんな張り紙を見たんだけど、つくづく日本の会社は大変だなあと思いました。「制服を着ているときは●●社の人間として見られてますよ!だから発言には注意してください!」ってことなんでしょうけど、女性のみに制服が義務付けられている職場もありますし、そうすると、結果的に男性よりも女性のほうが「言論に気をつけなければいけない」ってこと???なんて疑問に思ったり。そういう会社は女性のネイルとかストッキングの色とか、何かにつけてうるさそう。

ジェニファー何にせよ、発言が縛られるのはキツいですね。たとえばこういう会社って髪の色とかもうるさそう。自由に好きな色に染められないというのはちょっとなぁ…。あ、でも制服については、毎日、服を選ばなくてすむから、それはそれで合理的で便利なのかもしれない。

高嶋:アメリカの会社には制服はあるんですか?

ジェニファー:見たことないですね。日本の会社では受付の人が制服を着ていることが多いですけど、アメリカの受付はきちんとした服を着ていればそれでOKです。「きちんと」の意味が各々違ってたりしますけど(笑)。事務職で制服もまず見ませんね。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。