ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「恋人にしたい音楽アーティスト」ランキング2016、音楽情報誌『CD&DLでーた』発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽情報誌『CD&DLでーた』は、10~30代の男女を対象とした、「恋人にしたい音楽アーティスト」ランキングを発表した。(調査期間:2016年4月4日~4月5日)

●「恋人にしたい音楽アーティスト」男女別ランキングTOP10
設問:あなたの「恋人にしたい音楽アーティスト」と、その理由を教えてください。

◇恋人にしたい男性音楽アーティスト
(回答者数 4860人)

順位:アーティスト名
1位:福山雅治
2位:星野源
3位:櫻井翔(嵐)
4位:二宮和也(嵐)
5位:桜井和寿(Mr.Children)
6位:大野智(嵐)
7位:相葉雅紀(嵐)
8位:岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers)
9位:稲葉浩志(B’z)
10位:ATSUSHI(EXILE)

◇恋人にしたい女性音楽アーティスト
(回答者数 5714人)

順位:アーティスト名
1位:西野カナ
2位:miwa
3位:YUKI
4位:西内まりや
5位:aiko
6位:安室奈美恵
7位:山本彩(NMB48)
8位:吉岡聖恵(いきものがかり)
9位:きゃりーぱみゅぱみゅ
10位:大原櫻子

【今回の調査結果について】
まずは男性が回答した「恋人にしたい女性音楽アーティスト」。

第1位となったのは、西野カナだ。主に女性ファンからの共感を集めているアーティストという印象が強いため、少しだけ意外な気がするが、長く一線で活躍する実力と、幅広い知名度がもたらした結果と言えるだろう。2位は前回1位だったmiwa。そのほか、YUKI、aiko、安室奈美恵といった、長く愛され続けてきたアーティストがランクイン。TOP10ランキングのうち6人が前回もランクインしているという、安定したランキング結果となっている。

今回新しくランクインしたメンバーは、3位のYUKI、4位の西内まりや、7位の山本彩(NMB48)、10位の大原櫻子となる。YUKIについては“年を重ねてどんどん美しくなるから”というコメントが寄せられた。また、男性全般のコメントとして“かわいい”、“歌がうまい”といったものが多いが、西内まりやについては“性格に好感がもてる”、“博多弁がかわいい”、山本彩については“関西ノリが好き”、“野球好きで話が合いそう”、大原櫻子については“ショートヘアが似合う”など、ルックスと音楽面に加え、それぞれの個性となっているようなワンポイントを決め手として挙げる声が集まった。

続いて、女性が回答した「恋人にしたい男性音楽アーティスト」。

こちらは前回に引き続き、福山雅治が1位にランクインした。“結婚したけれどかっこよさに変わりはない”ということで、30代を中心に圧倒的な支持を集めた。TOP10ランキングのうち7人が前回もランクイン。10~20代の支持を集めた3位の櫻井翔を始め、アイドルグループ「嵐」のメンバー全員が今回も上位にランクインし(松本潤は12位)、人気の高さが伺える結果となった。

一方、今回新しくランクインしたメンバーは、2位の星野源、8位の岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers)、10位のATSUSHI(EXILE)だ。星野源については“素朴で優しそう”、“塩顔がたまらない”といったコメントが寄せられた。独特の存在感や、音楽はもちろん、幅広い分野において才能を発揮しているところに魅力を感じている人が多いようだ。岩田剛典については“かっこいいのにちょっと抜けているところ”、“可愛いのにずぼらなところ”。ATSUSHIについては“ルックスとは真逆のとても心優しい面”、“見た目と違って涙もろいところ”など、どちらのアーティストも、“かっこいい”という声とともに、見た目の印象と異なる一面に惹かれる、いわゆる「ギャップ萌え」的なコメントも多く集まった。

なお、男女それぞれの「恋人にしたい理由」としては、男性は“(ルックス・歌・笑顔などが)かわいい・好き”というシンプルなコメントが大半だった。一方女性は“(ルックス・歌・声・ダンスなどが)かっこいい・好き”という声も多く寄せられたが、それと同じくらい、人柄・生き方・音楽以外の活躍・トークの面白さなど、様々な角度からの魅力を伝えるコメントが目立った。

-CD&DLでーた編集部-

【調査概要】
調査対象 : 全国47都道府県の10代から30代までの男女
回答者数 : 10574人(男性5714人、 女性4860人)
調査手法 : 大規模ユーザーリサーチシステム『eb-i』によるインターネット調査
調査期間 : 2016年4月4日~4月5日

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。