ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外に知らない上手な卵のゆで方 コツは卵をくるくる転がす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ここ30年、ほぼ価格が変わらずに“物価の優等生”として食卓を支え続けている卵は、ゆで卵にすると、メインのおかずにも、お酒にぴったりなおつまみにもなる優れもの。ゆで卵がおいしくなる、意外に知らない上手な卵のゆで方をご紹介。

【1】卵は冷蔵庫から出したら10分ほど置くか、ぬるま湯に2~3分浸けて常温に戻す。

【2】小鍋に【1】を入れてひたひたになるくらいまで水を加え、中火にかける。気泡が上がってきたら菜箸を使って、卵をくるくると転がす。

【3】沸騰したら卵がコトコトと揺れる程度に火加減を調節する。

【4】好みの硬さにゆで上がったら、流水をかけて冷ます。

 卵は沸騰してから5~6分ゆでると半熟、8分ゆでると固ゆでになる。今回のレシピでは半熟卵を使用。作り置きやお弁当など、持ちを良くしたい場合は固ゆでがおすすめ。

※女性セブン2016年5月26日号

【関連記事】
板東英二 茹でたまごの白身しか食べていないとの証言出る
鍋に彩りを添える「団子」と「つみれ」 絶品レシピ4点紹介
節約テク 炊飯器で保温4時間超えなら電子レンジで温め直しを

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP