ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

700万人の憲法改正署名集めた日本会議 正体掴めぬ組織

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月に出版された『日本会議の研究』(菅野完・著/扶桑社新書)が異例のベストセラーになっている。「日本会議」は1997年に設立された団体で、憲法改正などを掲げ、安倍政権との密接な関わりが指摘されている。

 だが、初版は8000部に過ぎなかった。売れ出したのは著者の菅野氏が発売直後に「日本会議側が出版停止を求めてきた」と公表してからだ。

 この日本会議とはどのような団体なのか。前身となる団体を含め、日本会議の事務方のメンバーと数十年前から交流のある村上正邦・元自民党参議院議員会長は、組織の内実をこう語る。

「古くから日本会議にかかわっているメンバーたちが原点としているのは宗教法人生長の家(※注)を設立した谷口雅春先生の教えです。谷口先生は現行憲法を占領基本法だと批判していて、憲法改正というならばまず明治憲法の復効を宣言し、その後に改正すべきだと主張していた。諸悪の根源は現憲法ですよ。

【※注/谷口雅春氏が1940年に創設した宗教団体。1964年から憲法改正など保守的な政治活動を展開してきたが1980年代は政治活動は停止】

 私のように谷口先生を尊敬している人間は今も少なくない。でも、今の日本会議は谷口先生の思想を押しやって、憲法改正だけを主張している。うわべだけ法を改正すればいいと主張している、本質が抜けた集団になってしまった。谷口先生の憲法論はどこへいってしまったのか」

 外から分かる現象だけを追っていると、政権に絶大な影響力を持つ組織のように見えるが、内実を知る人に聞くと「日本会議は決して“怪物”ではない」という声が聞こえてくる。村上氏はこう続けた。

「マスコミはあたかも日本会議が安倍内閣を取り仕切っているような言い方をしているが私は不思議だ。政府とともに自主憲法制定・改正を一緒にやっていこうといっているに過ぎない」

 菅野氏も同様の見方をしている。

「日本会議というのは得体の知れない巨大組織というイメージで取材を始めましたが、資料を読み込んでいくと、むしろ70年代安保の頃から愚直に講演会や勉強会、署名活動など、保守系団体としての地道な運動を続けてきた人たちだということがわかってきた」

 保守系団体、ネット右翼などに詳しい著述家の古谷経衡氏も、「政権全体への影響力でいえば、選挙のたびに600万~700万票を集める創価学会の方が大きいでしょう。安倍政権にメンバーが多いのは、全国に支部がある保守組織だからではないでしょうか」と評した。

 一方で、そういった日本会議に関しての“率直な見方”を記した『日本会議の研究』は、インターネットでは批判の嵐に晒され、大炎上を巻き起こしている。そうなるとバックに巨大な支持層を抱えているようにも思える。実際、日本会議の関連団体は、憲法改正に向けての署名集めで、すでに700万人分を集めたと発表している。

 菅野氏は『日本会議の研究』の奥付に自身の住所と携帯電話番号を掲載している。著書についての抗議電話の本数は一件だけだったという。

「戦前の本は著者の連絡先を書いたので私もそれに倣って掲載しましたが、お叱りの電話はほぼゼロです」(菅野氏)

 日本会議に一連の騒動について取材を申し込むと、「(扶桑社に抗議した理由などの詳細は)相手の回答を待って明らかにする」というのみ。どこまでいっても正体の掴めない組織──外から見える巨像は、虚像なのだろうか。今はまだわからない。

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
香山リカ氏 憲法改正の盛り上がりは不安からの逃避に見える
自衛隊を国防軍にすることが平和の確保に繋がると軍事専門家
SAPIO人気連載・業田良家4コママンガ「憲法学者」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP