ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

独立志向強い民進党勝利で台湾への中国人団体ツアー客激減

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この5月20日、台湾では蔡英文・民主進歩党(民進党)主席の総統就任式が行われる。中国の習近平国家主席は独立志向が強い民進党政権の誕生を前に、経済、外交面で台湾側を牽制している。ジャーナリストの相馬勝氏が、中国側による牽制の影響を現地からレポートする。

 * * *
 台北市中心部にある中正紀念堂は数百人もの観光客が押しかけていた。が、蒋介石総統を祀る聖地だけに、堂内で大声で話す者はいない。多くの人々が巨大な蒋介石の銅像を見上げ、畏怖にも似た表情すら浮かべていた。

 まるで蝋人形のように表情を変えず、指先すらも動かさなかった儀仗兵が突然、スイッチが入ったロボットのように動き出し、次の儀仗兵と交代する衛兵交代式も、午前10時から1時間ごとに整然と行われていた。これが堂内の日常なのだが、2年前の2014年5月の様子とは全く違っていた。

 以前は、中国人の団体観光客が堂内にあふれかえっていたが、今回は一組もいなかったのである。8割は日本人のツアー客で、他の2割は欧米系観光客だった。

「まさか、台北市内から中国人観光客が消えたのでは…」と思ったが、台北の松山空港で、浙江省からの団体客と会ったことを思い出した。

 とはいえ、念のために中正紀念堂と同じく、衛兵の交代式で人気がある忠烈祠にも行ってみた。紀念堂から車で30分の距離だが、やはり目立つのは日本人の団体客で、気を付けて見ていたが、中国人の姿はなかった。故宮博物院や台湾一高い台北101展望台にも足を延ばしたが、やはり、ついぞ中国人観光客を見かけることはなかった。

 地元のジャーナリストは「総統選や立法院選挙で民進党が勝ったことから、大陸の旅行業者が台湾渡航手続きを自粛しているとの情報がある」と苦笑いした。

 民進党はもともと台湾独立志向が強く党綱領にも独立の条項が入っている。そのため、中国共産党政権は民進党の動きを警戒。習近平国家主席は「いかなる台湾独立の分裂行為も阻止し国家主権と領土を守る」と強調している。

 すでに3月から、中国人観光客の団体ツアーの入台許可申請数が1日当たりで1万1000件と昨年同期の1万8000件に比べて約40%も減少。台湾を訪れた外国人観光客は昨年、1000万人を突破したが、そのうちの4割以上の420万人が大陸からの中国人観光客だけに、この調子で中国人の団体ツアー客が減ると、年間を通して約170万人もの激減となる。

「とはいえ、観光バスやホテル業界、土産品店などは香港経由で、大陸の業者が台湾に進出したりするなど、中国資本の影響を強く受けており、台湾経済への実害は少ない。それだけに、今回の観光客の減少は民進党への最初の警告だろう」と民進党系シンクタンクの研究員は分析する。

 台湾の対中国大陸交流窓口機関「海峡交流基金会」の会長も務めたことがある江丙坤・中国信託金融ホールディング最高顧問(東京スター銀行会長)は「中国側は蔡英文氏や民進党指導部に対して、『一つの中国』やいわゆる『92年合意』を認めるよう求めており、そうならない場合、今後は観光業同様、台湾経済にも影響を与えることを示唆しているのではないか」と指摘する。

 92年合意とは、中国と台湾の海峡交流基金会が1992年、「一つの中国」の原則を口頭で確認したとされる合意だが、明確な文書は存在しない。台湾の中国国民党は「中国」が「中華民国」と「中華人民共和国」のいずれを指すのかは各自が述べ合うと解釈している。つまり、時期は明言していないが、いずれ中台が統一することを前提に中台関係をとらえている。

 江氏は「中台関係を高速道路に例えると、土台が『一つの中国』、杭の部分が『92年合意』、その上の道路が『中台交流』だ。中国側からすれば、一つの中国の原則と92年合意なしには、中台交流は成立しない」と解説する。

 これを裏付けるように、習近平は3月初旬、全国人民代表大会(全人代=国会に相当)の上海代表団の分科会で、対台湾政策は「台湾の政局が変化しても変わらない」と明言。「92年合意が両岸(中台)関係の平和発展のカギだ」と改めて受け入れを要求した。

 それは蔡英文も十分承知の上だ。蔡英文は民進党の陳水扁政権で2000年から2004年まで、行政院大陸委員会主任委員(大臣級)として、中台問題を担当してきた実績があり、中国側の手の内などは知り過ぎるほど知っている。

●そうま・まさる/1956年生まれ。東京外国語大学中国語学科卒業。産経新聞外信部記者、香港支局長、米ハーバード大学でニーマン特別ジャーナリズム研究員等を経て、2010年に退社し、フリーに。『中国共産党に消された人々』、「茅沢勤」のペンネームで『習近平の正体』(いずれも小学館)など著書多数。近著に『習近平の「反日」作戦』(小学館)。

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
中国の台湾政策責任者 大陸留学生に台湾人との恋愛勧め物議
客の60%が中国人の韓国ホテル 彼らがうるさいと苦情絶えず
秋葉原家電量販店 中国人爆買いで和式トイレ使用不可事件発生

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP