ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ミニトマト、セロリ、アボガド……一味違った”かき氷”が人気?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ミニトマト、セロリ、アボガド……一味違った”かき氷”が人気?

 蒸し蒸しする暑い日々が続き、今年もそろそろ”かき氷”が恋しくなる季節。今や一口にかき氷といっても、氷やシロップ、見た目など、お店ごとに趣向を凝らした多種多様なかき氷が見受けられ、専門店はもちろん、少し意外なお店でもかき氷を楽しむことができます。

 たとえば奈良県にある、柿の葉ずしの名店『平宗 法隆寺店』では、法隆寺にちなんだ”柿のかき氷”を提供しているそう。氷にかけられた、とろりと濃厚で鮮やかなオレンジ色をしたシロップは、奈良のブランド柿である富有柿の天日干しを使ったもの。ベースにかけられたヨーグルトレモンシロップが、スッキリと後味を整えてくれるそうです。

 あるいは、神戸出身の店主が作る明石焼とたこ焼きが評判の、東京・笹塚にある『神戸みなと屋』。このお店のもうひとつの名物が、かき氷。マロングラッセのような味わいの”くりみるく”、焼き芋とミルクをあわせたスイートポテトのような”おいも”、りんごのコンポートをシロップにした”りんごミルク”といったミルク系の氷、キウイやモモ、メロンといった旬の果物を使ったかき氷などが楽しめます。どちらも評判だというたこ焼きとかき氷、意外な組み合わせを試してみてはいかがでしょうか。

 また、かき氷にとって、氷と共に重要なのはシロップ。お店ごとに、このシロップにもこだわりが感じられますが、麻布十番にある『麻布野菜菓子』では、野菜のシロップが味わえます。

 ミニトマトの果肉がのった”ミニトマトのかき氷”、食用ほおずきを使ったトロピカルフルーツのような香りのほおずきソースのかかった”ほおずきのかき氷”をはじめ、”茄子とあずきのかき氷”、”セロリのかき氷”など一味違ったかき氷が提案されており、新たな野菜の美味しさにも出合うことができるといいます。

 大阪の『山口果物』では、注文を受けてから果物の皮をむいて作ってくれるという、果物屋ならではのシロップを。専門店の目利きによって、果物が一番おいしい状態のときシロップに仕上げるため、果物がそのままかき氷になったかのような味わいが楽しめるそう。一昨年には、アボガドのかき氷を大阪で初めて提供し話題になった『山口果物』。今年は新作として、ココナッツの実を器にしたココナッツのかき氷が登場します。店内でココナッツの実をカットし、新鮮な椰子果汁をミルクとあわせたオリジナルシロップと、ローストココナッツをトッピングした贅沢な一品となっています。

 本書『かきごおりすと vol.4』では、日本各地にあるオススメのかき氷の数々を紹介。王道の一品を楽しみたい方も、一味違った珍しい一品を味わってみたい方も、今年の夏の参考にしてみてはいかがでしょうか。

■関連記事
旅行添乗員がオススメする、ご当地グルメとは?
花も団子も楽しみたい!京都でオススメの甘味とは?
日本にトウガラシが普及したのは、ソバのおかげだった?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。