ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

裸足で読書したい場所 油壺でビーチリーディング!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

裸足で読書したい場所 油壺でビーチリーディング!
J-WAVE月曜−木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「KODANSHA HERE AND THERE〜for reading」。本を持って出かけたい場所へサウンドトリップをするこのコーナー。今週のテーマは「barefoot reading(裸足で読書)」ということで、5月16日(月)のオンエアでは三浦半島のウエストコースト、油壺を紹介しました。

油壺は車で行くと目黒通りから第三京浜、横浜横須賀道路、三浦サンサンラインを走って1時間半ほど。電車で行くと、くるりが「赤い電車」と呼んだ京急電鉄に乗って三崎口駅まで行き、駅前のロータリーでバスに乗り、終点で降りて2〜3分ほど歩くと京急油壺マリンパークがあります。

その広い駐車場の脇に、知らないと見過ごしてしまいそうな小道があり、そこを降りていくとびっくりするくらい美しい小網代湾の胴網ビーチが目の前に現れます。小さなビーチですが、砂浜は白く、その海は青く透き通っています。

まだ暑すぎず、木陰に入れば風がさわやかな5月の天気の良い日は、ビーチリーディングに最適。この場所で裸足になり、木陰の砂浜で読むのにおすすめの一冊は、高橋洋子さんの『のっぴき庵』。

「伊豆にある老人ホーム『のっぴき庵』を舞台にした一癖、二癖ある人たちのストーリー。海辺で読む海辺のお話というのも、なかなかいいものです」(坂倉)

そして、胴網ビーチから海沿いを少し南に行けば荒井浜のビーチがあり、さらにその南には美しい油壺湾が。さらに湾に沿って歩き続けると諸磯湾に到着。このあたりにも素足が実に心地いい砂浜があるらしく、坂倉も「足の裏に砂の粒々を感じながらの読書、いかがですか?」と呼びかけ、「三浦半島というと葉山や逗子が都心から近くて有名ですが、今日紹介した油壺湾、諸磯湾の辺りの海は透明度が格別で、特に美しいと言われます。本格的な夏になると海辺に人も増えてきますが、5月はまだ静かでのんびり過ごすには良さそうですよね」と続けていました。

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

レイチェル・チャン 、海釣りリベンジ果たすも…(2016年05月01日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1496.html

一青窈 出産後、湘南の海でやりたいこととは?(2015年07月21日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2015/07/post-1081.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。