ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

育児中の転職のメリット・デメリット

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2014年に生まれた子どもは約100万人(※1)で、育児休業給付金を受け取った女性は約27万人(※2)。産後に継続して就業する人は増えてはいるが、配慮のない会社の対応に疑問を持つことも少なくない。
そのとき頭をよぎるのが転職だが、子育て中の女性にも門戸は開かれているものなの?

【もっと大きな画像や図表を見る】

「今まで子どもがいる女性を求める市場があまり表面化していなかったため、転職はオススメしていませんでした。現在はそういった女性を採用する企業も増え、子育てをしているキャリアのある人に対して、ワークライフバランスをとりやすい転職先を紹介してくれる転職エージェントも増えています」

こう話すのは、育休後コンサルタント(R)の山口理栄さん。転職してうまくいった例もあるの?

「例えば、私が知っている人にIT企業から旅行関係のサービスをネットで販売する会社に転職した方がいます。働き方も在宅勤務ができるなど柔軟で、前職の経験から責任のあるポストにも就け、すごく良かったと聞きました」(山口さん 以下同)

●時間優先の子育て中の転職は、年収ダウンの可能性も考慮して

ただし、大抵は育児との両立を考えた時間優先の転職で、今いる会社以上の待遇になることは少ない。つまり、給料が大幅にダウンすることも考えられる。現在働く会社に制度的な問題がないなら、とどまったほうがいい場合もあるのだとか。

「まずは上司と話し合いをするなど、今の会社でできるだけのことをしてみてください。交渉の余地があるなら、継続就業するほうがいいと思います。過剰に仕事を任されてしまい、疲れて子どもに当たってしまうなどといった状況が改善されないなら、転職を検討してもいいでしょう」

ほかに転職を検討する判断基準として、2人目、3人目の子どもが欲しいかも関わってくる。基本的には育休を取得するにはその会社で1年以上の勤務期間が必要。したがって、育休制度を利用する可能性がある間は今の会社にとどまったほうがいいかもしれない。

家庭の都合や子どもの成長なども含めた、無理のないワークライフバランスを基準にすることが、育児中の転職を考えるときに大切な要素のようだ。
(ノオト+石水典子)

出典
※1
厚生労働省「平成26年(2014)人口動態統計(確定数)の概況」
※2
厚生労働省「第108回労働政策審議会職業安定分科会雇用保険部会資料 資料No.5 育児休業給付・介護休業給付について」

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

育児中の転職のメリット・デメリットはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

子の教育費用は大丈夫?共働きの家計診断
育児を「いいわけ」にするママの心理
女性からの「マタハラ」が多いワケ
女性にマタハラされやすい人の傾向
仕事優先vs.家庭優先ママ、対立の根

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP