体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

燃費なんてどれがいいのかわからない! それならいっそ電気自動車、日産 リーフはいかが?

▲電気自動車の代表格、日産 リーフ。燃料費を安く抑えられるところが最大の魅力です!

▲電気自動車の代表格、日産 リーフ。燃料費を安く抑えられるところが最大の魅力です!

カタログ燃費は信用できない!? ……だったら電気自動車という選択肢も!

公共交通機関の発達した大都市圏に住んでいない限り、車は通勤や日々の買い物など、日常生活を送るのにかかせないもの。となると、やっぱり燃費が気になりますよね。燃費といえば、最近では三菱自動車の不正が大きな問題となっていますが……でも実際に車に乗ってみると、不正は全く関係なく「平均燃費15km/L? カタログ燃費と違うじゃん」なんて思った経験ないでしょうか。それもそのはず、実際の燃費は走行状況によって大きく変わってくるんです。

「じゃあもう燃費なんてよくわからない! 何を基準に選べばいいの!?」……そんなことを思った方に今回オススメしたいのが日産 リーフ。そう、もはや燃料ではなく電気で走る車を選べばいいんです。とはいえ、まだまだ電気自動車の普及台数は少ないですし、結局いいのかよくわからない、と思っている方も多いでしょう。というわけで、今回は燃料費(電気代)も含めてリーフについてご説明します。

本当におトク? リーフの真実

日産リーフは、昨年12月で登場から5年が経過しました。サイズは全長4445mm、全幅1770mm、全高1550mmで、日産 ノートより一回り大きいくらい。コンパクトカーとミニバンの間くらいでしょうか。

日産自動車によると30kWh駆動用バッテリー搭載車ではJC08モードで航続距離は280km、24kWhでは228kmが可能としています。ただし、乗車人数やエアコンの使用、路面状況などによりかなり変動しますので、航続可能距離は低めに見積もった方がいいでしょう。参考までに、カーセンサーnetのクチコミでは、24kWhで「夏場で120~150kmくらい」、「160~180kmは可能」とのコメントもあります。ガソリン車の給油よりもこまめな充電が必要になるため、充電スポットが近くにない場所でのロングドライブは避けた方がいいかもしれません。

では、皆さんが最も気になる電気代はいったいどれくらいでしょうか。電気自動車って何だかんだ高いんじゃないか、みたいな話も巷では溢れていますが、燃料費で考えると圧倒的に安く抑えることも可能なんです。例えば、日中不在がちの方向けの東京電力の「夜トク8」の料金で考えると、夜間(午後11時~午前7時)に充電すれば、30kWh駆動用バッテリー搭載車をフルで充電したとしても、30kWhx約21円で、約630円しかかかりません。公共の充電スポットなどで充電すればもっと安く抑えることも可能です(無料のところもあります!)。

だいたいの料金はこれで理解してもらえたかと思いますが、電気自動車とガソリン車はなかなか比較するのが難しいので、結局どっちが安いの? というもやもやが残りがちだと思います。というわけで、30kWh(約630円)のリーフで160km走行した場合のガソリン車の燃料費を考えてみます。仮にガソリン車の燃費が20km/Lとすると(かなりいい方だと思いますが)、レギュラーガソリン1Lあたり118円(5月9日時点)で、160km走行するのに944円かかることになります。道路状況や気温、乗車人数などによってかなり変わるので参考値でしかありませんが、リーフは燃料費をかなり安く抑えることができるでしょう。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会