ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】映画『スーサイド・スクワッド』、ジャレッド・レトーはどのようにしてジョーカーの笑い声を作り上げたのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ジャレッド・レトーは、演じる役柄に没頭することに慣れっこだ。 レトーは、2013年の映画『ダラス・バイヤーズクラブ』で40ポンドの減量に成功して、第86回アカデミー賞助演男優賞を受賞した。2007年の映画『チャプター27』では60ポンド増量してジョン・レノン殺害事件の犯人役を演じた。そして、レトーがジョーカーを演じる映画『スーサイド・スクワッド』では、撮影中にハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)に生きたラットをプレゼントした。そして、レトーがジョーカーを演じるにあたり、準備している事柄の詳細がさらに分かってくると共に、ジョーカーについてより興味が沸いてくる。

最近レトーは、どのようにして演じる役柄に備えているかについて語った。トレーラーで顕著にフィーチャーされている身の毛もよだつようなジョーカーの象徴的な甲高い笑い声を、レトーは、どのようにして作り上げ完成させたのかを視聴者に垣間見せた。

レトーは、米CNBCのテレビ番組『Squawk Box(原題)』の司会者たちに、「ニューヨークやトロントの街を笑いながら散策して、通りを歩き回り、どのような笑い方が人の気に障るのかを見物した」と、語った。

レトーは続けて、「誰かがレストランで笑っているとするだろう?少し耳障りな笑い方だ。私はそれを試してみた。そして、私が笑うと常に人々が、『後ろにいるこの気持ち悪い男は誰だ?』と振り返るような笑い方を習得したんだ」と、語った。

共演者でキャプテン・ブーメランを演じるジェイ・コートニーは、レトーの役柄について、米MTVに、「(あなたが)どうやって最近知ったのか分からないな。仕事が始まって以来、レトーに会ってない。彼らしくも無い。そういうことにしておこう」と、語った。

ジョーカーの姿は、『スーサイド・スクワッド』が米劇場公開する8月5日に明らかになるだろう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP