ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

それでも運動したくない女子が痩せるためのポイント3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

痩せたいけど運動はしたくない! なんて思っている女子も多いのでは? そんなアナタに、日常生活で試して欲しいとっておきのポイントを3つご紹介します。食べる量を減らさなくても、運動をしなくても痩せやすい体質に変われるかもしれませんよ。

1.水をたくさん飲む

水はカロリーゼロでたくさん飲んでも太りません。水は太ると思っている人もいますが、それは不要な水分が排出されずむくみになってしまっているため。食べた物を代謝するためにも水分は必要なのです。硬水のミネラルウォーターなら利尿作用もあるので、上手に利用すれば体内に不要な水分を溜めずに済みます。ただし、軟水の方が吸収率はいいので、朝起きぬけの1杯は軟水を飲んだ方がいいでしょう。炭酸入りのミネラルウォーターは、飲むだけで満腹感を得られるので、食欲を抑えるのにもGoodです。

2.食事は野菜から食べる

食事の量を減らさずにダイエットするには、まず野菜から食べるようにしましょう。食物繊維を始めに摂ることで、糖分の吸収を穏やかにする効果があります。痩せホルモンレプチンが分泌されるのは食事を始めてから20分後。初めに野菜をゆっくりと噛んで食べることで、野菜の後にご飯やお肉を食べても、いつもより少量で満足できる効果があるのです。夕食は特にご飯(炭水化物)の量を控えめにすることで、ムリなく痩せることができますよ。

3.食事は1日3回きちんと食べる

肥満を防止するには、食事の回数は減らさないことが鉄則です。痩せたいからといって朝食を抜いたり、1日1食でがんばるなどの方法はおススメできません。食事の回数を減らしてしまうと、体は非常事態だと思い、食べた栄養をとにかく体内に蓄えようとしてしまいます。必ず1日3回、きちんと食事を取るようにしましょう。食べた物を代謝して不要なものを排出するには、いろいろな栄養素が必要です。朝食はパンとコーヒーだけ、といった偏った食事よりも、タンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養バランスが整った食事の方が痩せやすくなります。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP