ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これからの季節、鍛えるべきは腸腰筋! でもどこ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜午前9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「DHC BRIGHTEN UP YOUR DAYS」。毎日を健康的に、美しく過ごすためのヒントを届けるこのコーナー、5月16日(月)から今週4日間のテーマは「目覚めよ!腸腰筋!!」。

あまり聞き馴染みのない「腸腰筋(ちょうようきん)」ですが、実はスタイルキープのためにはとても大切な物だそう。しかし、場所がわかりにくく意識しにくいことから、この筋肉を眠らせたまま使っていない人が多いのだそうです。

年間500人にダイエットの指導を行うダイエットアドバイザーの土井千春さんにお話をうかがいました。まず、腸腰筋はどんな筋肉なのでしょうか?

「腸腰筋はいろんな説があるのですが、3つの筋肉で成り立っています。ひとつが背骨と足の付け根を結ぶ“大腰筋”。もうひとつが骨盤と脚の付け根を結ぶ“腸骨筋”、それから“小腰筋”という3つの筋肉により成り立っています」と土井さん。

わかりやすく言うと、ズボンをはいたとき、ベルトを締めた所にあたる筋肉なのだそうです。

「大きな役割としては、上半身と下半身を結ぶ、とても重要な役割をしています。歩くのに大事なインナーマッスルでもありますので、特に骨盤をつなげて安定をさせたり、骨盤の回転をサポートしたり、股関節を曲げたり腰を反るのにも使う筋肉です」

お腹の奥にあることから意識しづらいそうですが、電車が揺れたときに足を踏ん張るとお腹に力が入る、その筋肉が腸腰筋。夏に向けて体を引き締めたいなら、この腸腰筋を鍛えるといいそうなのですが、一体どうしてなのでしょうか?

「美しいウエストラインとか、美脚につながるので、メディアでも注目されていますね」と土井さん。

これからの季節は、暑くなってくるので体自体の熱を作り出すエネルギーが下がり、基礎代謝が下がってしまうのだとか。さらに冷たいものを飲んで内臓がどんどん冷えて代謝機能が下がると指摘します。

「ということは脂肪をため込みやすい時期になってきてしまうんですね。いかにそれを食い止めていけるか。腸腰筋を鍛えることで、基礎代謝をグンッと上げることができます」

これを聞いた岡田は、「冬は太りやすいって言いますけど、夏も、冷たいものを多く摂取するので脂肪をため込みやすい体になるんですね…」と感心した様子。

これからは、普段の筋トレに腸腰筋を意識したメニューを取り入れてみてはいかがでしょうか♪

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

コレが不足していると筋肉は育たない!?(2016年04月26日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1463.html

筋トレだけじゃダメ!「栄養戦略」で体幹力アップ!(2016年02月26日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/02/post-1260.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP