ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美食の国イタリアから食材版Wikipediaのスマホアプリ「Flick on Food」が誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Wikipedia(ウィキペディア)は、インターネットを通じて、誰もが閲覧でき、新規の項目を投稿したり、既存のものを編集できる、インターネット百科事典。

2016年2月時点で291言語で展開され、2001年の創設以来、3865万件もの項目が公開されている。

そして、2016年、美食の国イタリアから、食材に特化した“Wikipedia”が誕生した。

・世界中の食材の知識が集まる“Wikipedia”

イタリア人起業家3名によって2016年1月に開発された「Flick on Food(フリック・オン・フード)」は、食材の起源や歴史、変種から、レシピ、ことわざに至るまで、食材にまつわる知識が集まったスマートフォンアプリ。

アプリを立ち上げるたびに、画面に表示される食材が変わり、スマートフォンをタップすると、その食材についてさらに詳しく調べていくことができる。

・美食の国イタリアが生んだ、食材探求アプリ

また、「Flick on Food」は、Wikipediaのように、一般ユーザーが、画像をアップロードしたり、テキストを投稿することで、食材にまつわる知識や情報を追加したり、編集できるのが特徴。

たとえば、その地域の風土によって独自に生み出される地域食材を「Flick on Food」に投稿することで、ローカルな食文化をグローバルに発信することもできるわけだ。

「Flick on Food」は、各地域が食材を活かした料理を受け継ぎ、食への探究心に溢れるイタリアらしいスマホアプリといえよう。

Flick on Food

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP