体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インタビュー】ジョン・ボイエガ、『スター・ウォーズ』エピソード8は『フォースの覚醒』よりもダークで大規模な作品になると語る

john-boyega-bel-powley

カンヌ国際映画祭 — 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演してブレイクしたジョン・ボイエガは、映画『ミニー・ゲッツの秘密』に出演するベル・パウリーと共に、カンヌ国際映画祭に初めて出席した。5月12日(現地時間)の夜、彼らは、ジュリエット・ビノシュと本紙ヴァラエティ副社長兼エグゼクティヴ・エディターのスティーヴン・ゲイドスより、今年度のショパール・トロフィーを授与された。

今回が初対面となるボイエガとパウリーはすぐに意気投合し、カクテルを飲みながら冗談を言い合う仲になったと語った。パーティーには、カンヌ国際映画祭のピエール・レスキュール会長を始め、審査員のキルステン・ダンスト、マッツ・ミケルセン、ネメシュ・ラースロー監督、ショパールのキャロライン・ショイフレ、映画プロデューサーのエリザベス・カールセンなど、著名なゲストが出席した。セレモニーの後、ボイエガとパウリーは本紙ヴァラエティのインタビューに応じ、彼らの華々しいキャリアについて語った。

――2人は初めてカンヌ国際映画祭に参加し、12時間前に到着したばかりです。何か興味深い出会いはありましたか?

ボイエガ:パウリーと知り合うことが出来て、最高だ!これまでに出会う機会はあったが、こうして公で会話したのは初めてです。

パウリー:私たちは同じ場にいたことはあるけど、一度も会話したことはなかったの。

――いつか同じ作品で共演することもあるかもしれませんね。ところで、ジョン(ボイエガ)は、『スター・ウォーズ』次回作の撮影中ですよね?

ボイエガ:はい。撮影の真っ最中で、ここに来ることができて良かった。景色を見てから、戻ります。

――そのまま撮影に戻るんですか?

ボイエガ:そうです。まっすぐに引き返します。

――『フォースの覚醒』で、あなたが演じたフィンとレイのロマンスが大好きでした。次回作では、2人の関係はさらに発展しますか?

ボイエガ:エピソード7では、ロマンスを作り上げたつもりはない。僕たちはそういう風には決して演じなかった。デイジーと僕は友達です。

――つまり、恋愛の要素はないと?

ボイエガ:その通りです。フィンとレイは、ただの友達です。フィンはストームトルーパーだから、実際に何が起こっているのか分からない。だから、彼らの恋愛事情は次回作で何か興味深いことになるかもしれない。あなたが考えるような道筋には進まないだろうね。

――J・J・エイブラムス監督の後を任されたライアン・ジョンソン監督との仕事はいかがですか?

ボイエガ:仕事がとてもやりやすいです。ライアン・ジョンソン監督は素晴らしい。異なる解釈を持っていて、作品はよりダークでより大規模です。誰かが、「どうやって『フォースの覚醒』よりも規模を拡大するのか?」と言うかもしれないけど、最高だ。

――フィンも、よりダークに描かれますか?

ボイエガ:仕事場が熱気で溢れているから、僕の肌はさらにダークになっているよ!デイジーがどこで耳を立てているか分からないから、質問の答えははぐらかします。もし答えてしまったら殺されて、僕はエピソード9には登場しないだろうね。

――確かに!ベル(パウリー)、あなたの話も聞かせてください。これまでにたくさんの作品に関わってきましたね。

パウリー:そうですね。立て続けに4本の映画に出演しました。

――撮影を終えたばかりの作品は?

パウリー:ハイファ・アル=マンスール監督の映画『Storm in the Stars(原題)』です。アル=マンスール監督は、サウジアラビア代表としてアカデミー賞に出品された映画『少女は自転車にのって』を手掛けた監督です。

――『少女は自転車にのって』は、米国でも話題になりました。

パウリー:ええ、そうです。私はちょうどアル=マンスール監督の2作目に参加したばかりで、前作とは少し一線を画す内容です。小説家メアリー・シェリーと彼女の異母妹クレア・クレアモントについての話で、メアリーが小説『フランケンシュタイン』を書く以前の物語です。1800年代後半の女性の在り方を描く、ある種のフェミニスト作品です。エル・ファニングがメアリー・シェリー、私がクレアを演じます。素晴らしい物語です。

1 2次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy