体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コミュニティ賃貸ができて1年、住人・地域とのつながりはできた?

コミュニティ賃貸ができて1年、住人・地域とのつながりはできた?

持ち家に比べ、短期間での住み替えがしやすい賃貸住宅。土地の水に合わなければすぐに転居できる気軽さの一方、ひとつの土地への帰属意識は薄くなり、深い地縁も生まれにくい。

そんななか、“コミュニティ賃貸住宅”をコンセプトに掲げ、住人同士、さらには住人と地域とのつながりを積極的に生み出そうとする物件がある。2015年春、東京の下町に誕生した6棟11室の賃貸住宅「PARCO CASA」だ。誕生から1年が過ぎた現在、コミュニティはどこまで醸成されているのか? 現地を訪ねてみた。

交流は住人の負担にならないペースで。ゆっくり、ゆっくりと

この日はちょうど、屋外共用スペースにて入居者同士によるバーベキューが行われていた。じつは『SUUMOジャーナル』では1年前、物件完成後ほどなく行われた交流イベントにも顔を出しているが、その時もバーベキューだった。さすがはコミュニティ賃貸住宅。常日ごろ、こうした活発な交流が行われているのかと思いきや…

「こうやって住人全員が集まるのは年2回だけです。春と秋のバーベキューのみ。今回が3回目ですね。それ以上やると、住人の方々にとっても負担になってしまうでしょ。それに、あまり頻繁だとせっかく集まる機会の重みもなくなる。ただ、回数が少ないぶん、住人にはなるべく参加してくださいと呼びかけていますし、みなさんこの数少ない機会を大事にしてくださっているように感じますね」

そう語るのは「PARCO CASA」オーナーの田口昌宏さん。2人の兄弟とともに物件の大家を務め、こうしたイベントをはじめコミュニティづくりの仕掛けも自ら発案している。

「このバーベキューも僕たち大家が発起人です。でも、もう3回目なので住人さんたちが主体的に動いてくれていますね。僕らがやったのは日時の調整と告知、備品の準備くらい。その他の段取りは住人同士が話し合って決め、前日までに各家庭で食材の下ごしらえなんかも済ませてくれていた。

もともとコミュニティ賃貸住宅の名のもとに集まってきた人たちなので、コミュニケーション能力も高いし、ご近所づきあいに抵抗がない。ここをつくったときに思い描いた、豊かな交流が育まれる賃貸住宅という理想に向けて、確実に前進していると思います。ただ、先ほども言ったように、住人さんに負荷がかかってしまうような過度な交流は今後も避けたい。ゆっくり、ゆっくりですね」(田口さん)【画像1】オーナーの田口さん(写真左)。住人にとっては頼れる大家さんだ(写真撮影:榎並紀行)

【画像1】オーナーの田口さん(写真左)。住人にとっては頼れる大家さんだ(写真撮影:榎並紀行)

町内会との接点をつくり、地域への帰属意識を高める

田口さんは「ゆっくり」という言葉を何度も口にする。住人同士の交流や地域とのつながりをさらに促進しコミュニティを強固なものにしていきたいが、そのスピードや距離感にはかなり気を配っているように見受けられた。

「ここは賃貸ですが、長く住む意向を持ってくれている人が多い。だからこそ時間をかけて住人と住人、さらには住人と地域をじっくり馴染ませていくことができるはずです。ただし、回数は絞りつつも互いに接点を持つ機会は絶やさないようにしていきたいですね」(田口さん)【画像2】バーベキューではあまりお目にかかれない、手づくりバウムクーヘンにも挑戦。こうしたメニューも住人からの発案(写真撮影:榎並紀行) 【画像2】バーベキューではあまりお目にかかれない、手づくりバウムクーヘンにも挑戦。こうしたメニューも住人からの発案(写真撮影:榎並紀行)【画像3】回す係は子どもたちに人気。行儀よく順番を待つ(写真撮影:榎並紀行)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。