ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スピード出世の幕内・正代 ファンに愛されるネガティブ思考

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 立ち合いでは変化することなく、右四つで一気に前へ出る。真っ向勝負、強気の相撲の取り口で注目されているのが、正代(しょうだい・24=前頭2枚目)だ。

 183cm、160kg。恵まれた体格を武器に、東京農大2年時に学生横綱になった逸材である。名門・時津風部屋に入門後すぐに頭角を現わし、今年1月場所で新入幕を果たすと、いきなり10勝5敗の好成績を収めて敢闘賞を獲得する。初土俵以来12場所目での三賞受賞は、初代若乃花に次いで史上2位の速さだ。続く3月場所も勝ち越し、迎えた今場所は上位陣と総当たりする地位まで一気に番付を上げた。

 誰もが認める大器である。しかし彼の魅力はそれだけではない。取り口からは想像もつかないその素顔が、ファンの心を鷲掴みにしているのだ。

 きっかけは十両昇進の会見だった。昨年7月、大勢の報道陣を前に、何度も額の汗を拭いながら、「緊張して前夜から寝付きが悪かった」と終始硬い表情。対戦したい相手を聞かれると、こう即答した。

「全然ない。できれば誰とも当たりたくない……」

 悲観的なコメントに、横にいた師匠(時津風親方=元幕内・時津海)も呆れ顔。これを機に「ネガティブ関取」というありがたくない称号を授かったのだ。正代は当時を思い出して頭をかく。

「対戦相手のことは幕下だったので想像がつかなかっただけで、そんなネガティブじゃないんですけど……いや、違うな。確かに、どちらかといえば前向きな性格じゃないですね(笑い)。

 本場所中はかなり緊張します。十両昇進を決めた最後の相撲は土俵上で具合が悪くなったし……。対戦相手を想像すると、緊張して飯も食えなくなる。十両時代は当日になってから、対戦相手を教えてもらうようにしていました」

 そのため対戦相手をビデオで研究することもしないという。

「それに僕、負けるとクヨクヨするタイプで。負けた悔しさが残って、寝床に入っても、ああすればよかった、と反省ばかり。大学時代は1日に何番もあってそれで調子を上げたけど、1日一番というのがなかなか慣れなくて(苦笑)。関取になって出番が増えたからいいんですけど、十両に上がる前は2日に一番だったので、負けると気分転換できなくてキツかったです……」

 力士になったのも強い理由があったからではない。小学1年生から始めた相撲をここまで続けてきた理由は「なんとなく」だった。

「プロを目指していたわけではない。やめ時を失ったというか、プロ入りも大学4年になってから決めた。就職していたら教員になっていたと思う」

 それで、上位陣と対戦する地位まですぐ上り詰めたのだから恐れ入る。勝負の世界にとって、気弱、ネガティブであることは多くの場合マイナスであるはずだ。なぜ、彼はここまで結果を残せてきたのだろうか。

 それを示す象徴的な出来事があった。取材時、好きな女性有名人について聞いた時だ。正代は20代の若者らしく、「(モデルの)西内まりやさんです」と相好を崩した。そこで、出世をすれば有名人にも会えるからチャンスではと聞くと、彼は凄い勢いでまくしたてた。

「無理無理無理! 僕は眺めているぐらいがちょうどいいんですよ。会っても何を喋ればいいのか……。住む世界が違うし、芸能人の方は僕みたいな一般人とは違う感性をお持ちなので、話がそもそも噛み合わないですよ」

 スピード出世を果たした者の多くは天狗になり自分を見失う。だが正代は生来の性格からか、驕ることなく自然体でいる。これこそが彼の天賦の才を最大限に活かしているのだろう。気弱ではなく「謙虚」。だからこそ人を惹きつける。

 正代は今、出世頭の力士の誰もが壁にぶち当たってきた番付にいる。今場所は初日から横綱、大関との対戦が続き苦戦。だが、正代はブレない。

「いい経験になればいい。上の方と当たるので、勝ち負けにはこだわらない。これまでが出来すぎなんですから」

 笑顔が愛らしい若手のホープ。個性的なキャラクターの旋風に期待したい。

◆しょうだい/本名・正代直也。1991年11月5日、熊本県生まれ。小1で相撲を始め、熊本農業高3年時に国体で優勝。東京農大2年時に学生横綱に輝いた。3年時は全日本相撲選手権決勝で遠藤に敗れて準優勝。2014年春場所前相撲で初土俵を踏んだ。2015年秋場所新十両、同九州場所で十両優勝。十両を2場所で通過し、歴代3位となるスピード出世で新入幕を決めた。

撮影■藤岡雅樹 取材・文■鵜飼克郎

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
力士は「米びつ」 1人あたり年間約180万円を部屋に支給
十両陥落確定の遠藤 永谷園の懸賞金はどうなるのか訊いた
力士の月給 横綱大関は別格、関脇小結は同額、幕下以下ナシ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP