ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「博士号なし」日銀のショーンK 間違いだらけの履歴書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「博士号は取得しておりません」──本誌が前号で経歴詐称疑惑を報じた櫻井眞・日銀審議委員は国会で釈明に追われた。

〈安倍官邸が送り込んだ「日銀のショーンK」重大経歴詐称疑惑〉と題した前号記事では、日銀がホームページで公開した櫻井氏の経歴の疑問点を指摘した。

 まず、〈東京大学大学院経済学研究科博士課程修了〉とあるにもかかわらず、東大に確認したところ博士論文が存在しない。〈大蔵省財政金融研究室特別研究員〉を務めていたという記述も、財務省は本誌に「(該当する年の在籍は)確認できない」と回答。さらに東大図書館に保存されていた櫻井氏の修士論文は原稿用紙わずか4枚だった。

 国会で櫻井氏の疑惑が追及されたのは5月10日の衆院財務金融委員会。質問者の宮崎岳志・民進党代議士は、まず文部科学省の担当者に「博士課程修了」の要件を質問。修了には「博士論文の審査と試験に合格する」ことが必須だと文科省令に明文化されていることを確認した上で、櫻井氏に疑惑を質した。

 櫻井氏は博士号を取得していないと認め、日銀の表記の慣習に従って「修了」としていたと答弁。大蔵省の研究室については、「当時の日本輸出入銀行から出向の形で辞令は出ていないが、研究室には勤務していた」と、いわば“ヤミ出向”だったと告白した。修士論文は、「4ページのものを書いた。東大紛争後の混乱期だったが、きちっと修士号はいただいた」と本誌の指摘をそのまま認めた。

 さらに、である。宮崎代議士は、日銀HP以外に「内閣が国会に提出した櫻井氏の経歴資料」にも間違いや疑問点が多数あることを指摘した。

 まず、〈昭和61年4月 経済企画庁経済研究所客員研究員〉という記載について、内閣府は「昭和61年度の在籍は確認できていない」と答弁。また、民間の投資顧問会社の役員だったという経歴も、「役員に就任した時期が登記簿の記載と違う」と指摘された。

 さらに〈平成4年4月 MSK基礎研究所国際金融センター所長〉という記述。MSKとは三井住友海上の略称だが、三井海上と住友海上が合併したのは2001年(平成13年)で、少なくとも組織名か就任日のどちらかが間違い──そんな具合に、とにかく疑問点のオンパレード。それらを指摘された櫻井氏の答えはこうだった。

「いろいろと組織を動いてきたものですから、半年とか1年とかズレている可能性がございますが、異動が激しかったことを反映しているかと思っておりまして。甚だ申し訳なかった」

 半年、1年のズレを気にしない御仁に、日々目まぐるしく動く日本の金融政策の舵取りを任せて大丈夫なのか。

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
経歴疑惑の日銀審議委員 官邸はパペット役として選んだか
4月から就任した日銀審議委員の経歴疑惑に東大困惑
日銀審議委員の修論はペラ4枚で「こんなの見たことない…」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP