ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本体育大学の学食 600円で麻婆や餃子の本格中華が食べ放題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 居心地のいい空間で栄養満点のご飯を提供する学食が増えている。今や大学は、勉強だけでなく学生さんの食と健康までサポートする時代なのだ。

 体操の白井健三が通う日体大の横浜・健志台キャンパス。学食『レストラン選手村』では600円で本格中華が食べ放題。お昼時は学生が行列し、麻婆豆腐や餃子をてんこ盛り、そしておかわり! 大手中華料理店で料理長を務めた経験を持つ堀越弘さんが、厨房で食材を炒め、次々とビュッフェコーナーに補充していく。「良質な筋肉のために鶏肉の料理は必ず入れます」と、堀越さん。彼らの体はここのご飯でできている。

 森田恭通のインテリアとパフェが女子に人気なのが、同志社大学。

 大阪や東京でレストランを展開する会社『バルニバービ』が2004年に同志社大学内に学食をオープン。大地真央の夫の森田恭通がデザインした、学食とは思えないスタイリッシュな雰囲気のインテリアが話題に。とはいえ一般の店より2~3割安い学食価格なのがうれしい。行列のできる『ソフトクリームパフェ』(550円)も人気だ。

 大正時代から愛されるクラシカルな食堂を持つのが、立教大学。

 大正時代に建てられたレンガ造りの名建築が並び、美しい庭が広がるキャンパスの奥に佇む『第一食堂』は、扉を開けると荘厳な雰囲気が漂い、ハリー・ポッターの世界のよう。食堂として長年営業を続け、昔ながらの味を引き継ぐ『カツ丼』(370円)が人気メニュー。注文を受けてから、カツを揚げるこだわりを守っている。

※女性セブン2016年5月26日号

【関連記事】
宣伝ツールとなる大学の学食 100円の朝定食も人気
NHKドラマで萩原健一と親子役 忽那汐里のさわやかな笑顔
ねじめ正一氏が食べ物へのこだわりを語るおいしいエッセイ集

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP