ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元巨人・簑田浩二氏 「計画通り」のゴルフ三昧の生活を満喫

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本のプロスポーツで最も人気が高いプロ野球において、“球界の盟主”と呼ばれるのが読売ジャイアンツ。選手時代、常に注目され続けた“元巨人戦士”たちは、第2の人生をどう過ごしているのか? 阪急ブレーブスで活躍し、1988年から1990年まで巨人に在籍し、現在はゴルフ三昧の生活を送る簑田浩二(64)はこう語る。

「銀座での優勝パレードは最高の思い出だね。いくらお金を出しても経験できないものだよ」

 1989年、近鉄との日本シリーズで3連敗と崖っぷちに追い込まれた巨人は、第4戦に「1番・右翼」で簑田が先発出場。初回に二塁打を放ち、岡崎郁の浅い中飛で先制のホームを踏む。ベテランの活躍で流れを取り戻した巨人は4連勝で奇跡の日本一を達成した。

 前年、阪急から移籍すると巨人の環境の良さに驚いた。自分の家で洗っていたユニフォームが、巨人では専用箱に入れれば翌日ロッカーに綺麗になって届いた。

「阪急も遠征先ではクリーニングに出してくれたけど、マネージャーに『汚れてないから部屋で洗え』といわれることもあったね」

 当時、閑古鳥が鳴いていたパ・リーグに対し、巨人では経験したことのない歓声に包まれた。甲子園の阪神戦では、耳栓をして守ったこともあった。1990年のシーズン途中、現役引退しコーチに就任。30億円補強したものの優勝を逃した1995年、責任を取らされる形で退団した。球団事務所に赴くと、日本テレビと報知新聞の評論家を提案されたが彼は固辞する。

「なぜ俺と須藤豊ヘッドコーチだけクビなのかとカチンときていたから、読売系に世話になりたくないと思って。あとになって短気は損気だなと思いましたけど(笑い)」

 その後、テレビ東京とデイリースポーツの評論家を経て、53歳でゴルフのレッスンプロを目指す。現役時代はキャンプ中もゴルフに興じ、10数年前までは年120ラウンド、現在も年50ラウンドを回っている。現在は東京・浅草橋で教えており、週に1回、『浅草橋ゴルフクラブ』でマンツーマン指導も。

「50代になったら好きなゴルフをやりたかった。計画通りでした」

(文中敬称略)

■取材・文/岡野誠 ■撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年5月27日号

【関連記事】
上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去
松嶋菜々子似で注目集める美女ゴルファー リオ五輪に期待大
“ゴルフ界の安藤美姫” 斉藤愛璃ほか「今年は新人当たり年」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。