ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岡山市内のフェレットカフェ 11匹の店員目当てに全国から来訪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 どうぶつカフェブームのなか、ペットとして身近な存在なのに、この動物がおもてなしをしてくれるのは、今のところ日本ではここだけというのが、岡山市内にある、その名も『フェレット&カフェ スキップ』だ。

「どうして他にはねぇんじゃろうか? フェレットはモフモフで、すげえかわええのに」

 つぶらな瞳で首をかしげるのは、総勢11匹いるフェレット店員の中堅、トラ。

「うちのオーナーが言うには、ボクたちには犬と猫、両方のええところがあるそうじゃ。人と一緒にいることが大好きじゃし、もちろん遊ぶんも好き。でも吠えたりせんし、部屋で爪とぎもせん。完璧じゃろ!」

 オーナーの光吉さんがフェレットの魅力に取りつかれたのは10年ほど前。自宅で数匹飼っていたのだが、フェレット同士、そして飼い主同士が交流できる場所がなく「じゃあ、自分でやっちゃえ」とカフェをオープンしたのが一昨年のことだという。

「フェレット連れで来てくれるお客さんもいるし、これから飼いたいって人の情報収集の場にもなっとる。なんたって他にはねぇから、全国からお客さんが来てくれるんじゃ」

 店内は飲食スペースとフェレットルームがガラスで仕切られていて、希望すればフェレットたちと触れ合うことができる。

「いったん眠ったら、何をされても起きないのが、ボクの特技(笑い)。え? 寝すぎだって? だってお客さんのおヒザは気持ちええけぇな~!

 光吉博子店長は、お母さん代わり。フェレットのことをすごく勉強してて、ボクたちが健康に、楽しく暮らせるよう、気を配ってくれるんじゃ」

 お店に置いてあるノートには、お客さんがいろんなことを書き込んでくれる。関西方面はもちろん、このあいだはオーストラリアからのお客さんも!

「まだフェレットと遊んだことない人も、ぜひ来てね!」

【プロフィール】
名前:トラ ♂
年齢:4歳
種類:フェレット
勤務先:フェレット&カフェ スキップ
職種:接客業
主な仕事内容:フェレットが好きなかたと遊んだり、お店に来てくれたフェレットと遊ぶこと。
お給料:フェレットフードと、オヤツ。
好きなこと:人間と遊ぶこと! 猫じゃらしやボールで遊ぶのが好き。
嫌いなこと:水が苦手。シャンプーのときは水が怖すぎて固まってる。
現在の悩み:基本的にフェレットはあまり悩まん生き物じゃけど、年長者になってきて落ち着きを求められるんが、ちーと負担。
将来の夢:いつか東京に進出して、東京店の店長になりたい!

撮影■山口規子

※女性セブン2016年5月26日号

【関連記事】
南青山の小鳥カフェ 連日店の前に列ができ新幹線で来る客も
銀座のママ枕営業判決 ベテランママが枕営業の実態を語る
大前研一氏 Facebook使いセールスマンが親近感得る技を指南

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP