体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ある日ベランダに鳩の巣が![前編] 実録・子育て&鳩被害

ある日ベランダに鳩の巣が![前編] 実録・子育て&鳩被害

多くの動物にとって、春から夏にかけては繁殖の季節。鳩も例外ではありません。「鳩が住み着いて酷い目に遭った!」という話を耳にすることがありますが、そういう事態は誰にでも起こる可能性があります。実際に筆者も「鳩の恐ろしさ」を体験した1人。鳩から受ける被害はどんなに大変なものか、そのドキュメンタリーをお伝えします。

実録・鳩の巣づくり&雛誕生&成長

人間に身近な存在である鳩。筆者は鳩を決して嫌いなわけではなく、むしろ好ましい動物だと感じていました。でも、人に近い場所で暮らしているだけあって、鳩がわが家に住み着いてしまうと困った事態も引き起こします。前編では、実際に鳩に住み着かれて被害を受けた筆者の体験談をお送りします。

●6月中旬・巣を発見

ある日、ベランダに鳩の巣があるのを発見。巣といっても、まばらに枝が置かれただけのところに、卵が2つ(鳩は通常2つの卵を産むそうです)。突然のことに「え、こんな所に!」とうろたえ、「鳩被害は糞で大変!」という話を聞いたことがありつつも、卵を別の場所に移したり、破棄したりすることにためらいがあり、好奇心も手伝って巣立つまで観察することにしました。

ちなみに、卵や雛のいる巣を発見した場合、許可なく野生鳥獣を殺傷したり卵を捕獲したりすることは法律で禁止されています。自分で捕獲の許可申請を行うことも可能ですが、許可を得た専門業者に任せるのが安心です。

巣のある場所は北向きベランダの収納左側奥という目立たない場所です。掃き出し窓に面していますが、カーテンの陰であることに加え、そのベランダには普段、あまり出入りしていないこともあり、鳩がせっせと枝を運び、卵を温めていることには気づきませんでした。【画像1】後で片づけようと置いてあったビニール袋に卵が! 場所は右写真の収納左側(写真撮影:金井直子)

【画像1】後で片づけようと置いてあったビニール袋に卵が! 場所は右写真の収納左側(写真撮影:金井直子)

●6月下旬・雛が生まれる

約2週間後に、1羽目が、翌日には2羽目も孵化(ふか)。黄色いポワポワが雛。糞でベランダデッキが汚れないよう、巣を段ボール箱に入れました。【画像2】鳩の雛をはじめて観察。孵化する瞬間を見たかった(写真撮影:金井直子)

【画像2】鳩の雛をはじめて観察。孵化する瞬間を見たかった(写真撮影:金井直子)

●6月下旬・徐々に成長

1週間でだいぶ成長しました。雄親と雌親が交代で雛に口移しにえさを与えます。孵化前は親鳥のどちらかが巣にいましたが、孵化後は雛だけで留守番する時間が多くなります。

鳩の習性によると、夕方から朝までは雌親が雛と一緒に過ごしているとのこと。【画像3】両親からえさをもらい、日々大きくなる雛たち(写真撮影:金井直子)

【画像3】両親からえさをもらい、日々大きくなる雛たち(写真撮影:金井直子)

●7月下旬・巣外を出歩く

孵化して3週間ほど経つと、親鳥が餌で釣って巣から出るように促します。

雛たちが巣の外を出歩く前から、余分な段ボールが何枚もあったためベランダの床面にそれを敷いて、汚れ対策にしていました。でも後で気づくのですが、コレが大失敗。段ボールはかさばるので処分が大変で、ビニールシートにすれば良かったと後悔することしきり。

その後、筆者が10日ほどの休暇から帰ると、巣ではないところでくつろぐ雛たちの姿が見られました。

ちょっと見ない間に翼が生えそろい、だいぶ「鳩らしく」なっています。【画像4】糞の量が増えるため、毎日新聞紙を交換していました。右写真はベランダのほかの場所でくつろぐ雛(写真撮影:金井直子)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。