ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トラッカー・バッテリー・チャージャー・USBケーブル・ストレージ・スタンド、1台6役の「EVO」が超便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集している「EVO」は、デジタル世代の私たちに嬉しいツール。

・1台6役のお役立ちツール!

Bluetooth対応で、トラッカー、モバイルバッテリー、チャージャー、USBケーブル、マイクロSDカードスロット対応のストレージ、スマホスタンドになり、1台で6役をこなすという。

大きさは、縦6.3×横8.9センチメートル、内部に900mAHのバッテリーが搭載されており、 110~240ボルトと幅広い電圧に対応。いざというときの予備バッテリーとして使える。

・壁のコンセントから直接充電

デバイス本体には、USB(あるいはライトニング)ケーブル、コンセントが内蔵されているので、スマートフォンやタブレットとつなげたり、壁のコンセントから直接デバイスを充電したりすることが可能。

マイクロSDカードスロットが搭載されており、拡張ストレージとして使うこともできる。

また、折りたたみ式のスタンドの足を引っ張り出して立て、スマートフォンを上に置いて、スマホスタンドとして用いてもよい。

さらに、Bluetoothを通じてトラッカー機能を駆使し、見失いがちなスマートフォンの場所、あるいはデバイス本体の場所を見つけられるのも便利。

・ショートカットが便利

デバイス本体にはショートカットボタンが設置されており、スマートフォンやタブレットと連動させて音楽を流したり、カメラを起動するなどショートカット設定をしておける。これらの設定は、専用のアプリからおこなうことが可能だ。

・プレオーダーが断然オトク

デジタル世代にとってありがたい機能が満載の「EVO」は、USBタイプとライトニングケーブルタイプから選択する。

プレオーダー価格は49ドル(約5300円)~、市場予定価格は89ドル(約9700円)のところ、大幅な割引となっているようだ。

EVO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。