ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「廃棄量・コスト・CO2」すべてを圧縮するスマートゴミ箱がすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収容できます。

さらに、すべてをデータ管理しオンラインで確認することで、収集車を最適なルートに配置し、「ゴミが溢れてる…」といったトラブルを防げるようになるとか。ひとつずつ機能を見ていきましょう。

ググッと圧縮して
8倍のゴミを収容

捨てられたゴミを圧縮。そうして収集の回数を減らせるのが特徴のひとつ。そのエネルギーはソーラーパネルを用いて得るため、とてもエコ。ちなみに、Wi-Fiスポットにもなります。

またゴミ箱内のセンサーで、常に「どのくらいゴミが溜まっているか」がわかるので、外に溢れ出るような心配もありません。

収集も「満タンですよ」のサインがあるところだけ回ればいいので、大幅なコスト削減やCO2排出の低減にも効果を発揮。とても効率的ですね。

ソウル大学など、4つの大学に144基を設置したケーススタディでは「週に12回の収集が2回に減った」、「リサイクル率が300%も向上した」という報告が届いているそう。

エコとクリーンの両方の力をあわせ持つ「Clean CUBE」。今後はインドやアメリカ、アラブなどのイベントを通じて、世界にその魅力を伝えていくみたいですよ。

Licensed material used with permission by Ecube Labs

関連記事リンク(外部サイト)

フランスがソーラー道路に本気! 5年かけて1,000km以上も建設するらしい
ソーラーだけじゃない!通行人の「歩く力」もエネルギーになる世界初の街路灯

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP