体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リモートワークを始めて1年。結婚を機に離島へ移って感じたメリットと自分の変化

f:id:blog-media:20160427193051j:plain

こんにちは。福岡県の「大島」という島でリモートワークをしている林由子(はやし・よしこ)と申します。福岡市に本社を置く、株式会社ヌーラボに所属するITエンジニアです。私は2015年5月にリモートワークを始めました。そろそろ1年が経つので、1年間リモートワークをやってみて「実際どうなのか」を書いてみたいと思います。

リモートワークをするきっかけと準備

私は結婚を機に福岡市内から「大島」に引っ越しました。大島は宗像市(むなかたし)の神湊(こうのみなと)からフェリーで30分程度のところにあり、人口699人(2015年4月末日現在)、漁業が中心の小さな島です。

島から福岡市内にあるヌーラボ本社まで通勤するとなると、フェリー、バス、JR、地下鉄を乗り継いで片道約2時間かかります。2時間は東京では通勤圏内という話も聞きますが、福岡ではそんな遠くから通勤している人を見たことがありません。

また、島から九州本島に渡るためのフェリーの本数は限りがあり、しけると欠航になるという問題もあります。そこで社内向けのプレゼン資料を作って、会社に「リモートワークをさせてもらえないか」と、聞いてみることに。その結果、水曜日だけ福岡市の本社に出勤して、他の日は島の自宅でリモートワークをすることになりました。

日々の仕事の進め方

私の主な仕事は「Backlog」というプロジェクト管理ツールの開発です。それに加えて、台湾、シンガポール、ベトナムにいる海外のユーザーサポートチームと連携して、海外ユーザーからの問い合わせの対応もしています。

仕事を始めるときはチャットツールの「Typetalk」で「Hello」とチャット越しに全社員に声をかけ、退勤時は「Bye」と声をかけます。こうすることで、別の場所で働いていても、今仕事をしている人が誰なのかを知ることができます。

また、毎朝15分程度、オンラインで朝会をしてチームで情報共有しています。その他、打ち合わせもオンラインでよく行っています。

作業では、「Backlog」、「Typetalk」、オンライン描画ツールの「Cacoo」を活用して、以下のように仕事を進めています。 「Backlog」でタスク管理やナレッジを共有する 聞きたいことや話したいことは「Typetalk」に書いて会話する 図を用いた説明が必要な場合は「Cacoo」で書いて「Backlog」または「Typetalk」で渡す

リモートワークをしてよかった点

私生活を大事にできる

f:id:blog-media:20160427193505j:plain

リモートワークをしてよかった点は、なんといっても「家族(夫)と一緒に過ごす時間が長くなった」ことです。結婚前は島と福岡市で別々に暮らしていたので、休日も合わない状態でした。そのため、会うだけで労力がかかり一緒にいる時間が短かったのですが、今はたいてい毎日一緒にいます。

また、私は猫が好きで昔から飼ってみたかったのですが、都会だとペット禁止のマンションがほとんどです。仕事をしながら1人で猫の面倒をみることができるかどうか(出張のときはどうするの? とか)……という不安もあり、飼うことができませんでした。島に来てからは、近所の野良猫が家に居座るようになったので、その猫を飼い始めました。可愛くて本当に癒やされています。

時間に余裕ができた

通勤時間がなくなったことで「時間の余裕」を得ることができました。以前は起きたら出社の準備をしてすぐに会社へ行き、帰ってくると疲れて料理をする気力もないので、外食が多かったです。最近は洗濯や昼食の前準備をしてから仕事を始めています。離島には外食できるお店がないので、絶対に料理をしないとご飯が食べられません。そのため、毎日料理をするきっかけにもなりました。また、私は持病があって食事で塩分に気をつけないといけないのですが、自分で作れば減塩もできますし、睡眠時間もきちんと取れるので、健康的な生活を送れています。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。