体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自室の壁にアートを・・・」まずは、代官山で鑑賞&作品集をGETするのは、どう?

「自室の壁にアートを・・・」まずは、代官山で鑑賞&作品集をGETするのは、どう?
1604

2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。

日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は可能だが、一方でギャラリー=展示スペース(貸スペース)というケースも多い。そんな中にあって、ショップと全面に打ち出し、鑑賞するだけでなく、購入することを前提にした『WALLS TOKYO』は、ちょっぴり新しいお店と言えそうだ。コレクターのみならず、初めてアートを購入しようという人まで、同店のファンは幅広い。

slide11

『WALLS TOKYO』
住所:東京都文京区白山2-14-18
WEB:www.walls-tokyo.com

取り扱っているのは、バンクシーやバリー・マッギー、カウズにインベーダー、草間彌生に奈良美智、ラリー・クラークやティルマンス、リヒターといったアーティストの作品。個々の紹介は省略するが、このメンツに食指が動く人は多いはず。いわゆる現代アートやストリートアートという括りのなかでも、非常に人気が高く、そして現在進行形の作家群だ。

さて、そんな『WALLS TOKYO』をこのタイミングで紹介するのは、理由がある。今、代官山でその作品が展示中なのだ。

ビビッときたら、
作品集から入ってみる

代官山T-SITE 蔦屋書店 2号館1階のギャラリースペースでは、5月23日(月)まで『WALLS TOKYO』のコレクションの一部が展示されている。

wt541_m-2

Banksy バンクシー
『Toxic Mary』(2003)
Artwork:69.0×49.2cm
Frame:72.0×52.2cm
Silkscreen print

wt62_m-1

Barry McGee バリー・マッギー
『Untitled』(不明)
Artwork:39.0×25.0cm
Frame:56.6×43.0cm
Acrylic on paper

wt81_m

Barry McGee バリー・マッギー
『Untitled(Face bottle)』(2001)
17.8×11.0cm
Paint on bottle

meguruのコピー

Meguru Yamaguchi 山口歴
『OFF THE WALL』(2015)
Artwork:32.0×35.0cm
Mixed media

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy