ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雨の日も爪から美しく♪梅雨にぴったりな紫陽花ネイル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

梅雨ならではの風景をアートに

五月晴れの気持ちのいい5月が終わると、梅雨の時期ももうすぐです。
雨ってどうしても嫌な気持ちになりがちです。
そんなときは梅雨もアートにしてしまって、梅雨の時期を楽しく乗り切ってください!
傘やカエルのモチーフでPOPに楽しむのもアリ!
ですが、落ち着いた年齢層の方には、やはり上品さは忘れたくないものです。

 

ウォーターカラーの技法で涼しげに

そんな梅雨を楽しむ、繊細な紫陽花アートのご紹介です。
気温も上がってきたこの時期、重たい印象にならないように透明感のある仕上がりにするのが、このデザインのポイントです。
真っ白をベースにすると手に付けた時に重たい印象になりますので、シアーホワイトをベースカラーにしてください。
そして、ウォーターカラーと言われる水彩画の技法を使って、透け感のある紫陽花アートを施します。
さらにポイントとして、ひかえめのビジューで雨のしずくを表現。
とっても涼しげで、そして儚げで…
幾重にも重なる透明感のある花弁が、女性らしい指先に魅せてくれます。
梅雨の季節にしか楽しめない風景をアートにする。
大人の女性ならではの品のある、ワンランク上の感性が光るネイルではないでしょうか。

 

梅雨はこまめなメンテナンスが大切

そして、気温と湿度が高くなるこの時期、ジェルネイルのメンテナンスはお忘れなく!
冬場より、夏場の方が爪の伸びる速度も速いですので、冬場よりもメンテナンスを少し早めにすることをおススメします。
梅雨の憂鬱な季節こそ、涼しげで品のある指先で大人のオシャレを楽しみたいものですね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP