体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乙女新党 7月のワンマンライブをもって解散、6/29にラストアルバムをリリース

乙女新党 7月のワンマンライブをもって解散、6/29にラストアルバムをリリース

2012年12月“ポジティブな2軍”をコンセプトに結成以来、メンバーチェンジもありながら3年半の間活動を行ってきた乙女新党が、7月3日の東京・渋谷TSUTAYA O-WESTでのワンマンライブをもって解散することが発表された。

そして最後のCD作品として6月29日にはセカンドアルバムにしてラストアルバムとなる「乙女新党 第二幕 〜旅立ちのうた〜」がリリースされることもあわせて発表された。

アルバムには、まりと真優、有沙と愛里のユニット曲、そして新生乙女新党初ワンマンからライブだけで歌い続けてきたファンからの人気の高い自己紹介ソング「新・乙女新党のうた」の初CD化3曲を含む全11曲収録。

清 竜人、高橋久美子(ex.チャットモンチ―)、日高央(THE STARBEMS/ex.BEAT CRUSADERS)、ヤマモトショウ(ex.ふぇのたす)、ウイ・ビトン(魔法少女になり隊)、たむらぱんこと田村歩美、ハヤシベトモノリ(Plus-Tech Squeeze Box)、シクラメンのトラックメイカー電球、浅野尚志、PandaBoY、NOBE、成本智美、y0c1e、ほかが楽曲制作に参加。豪華クリエイター陣によるバラエティーに富んだ音楽作品となっている。

また、長谷川愛里の活動休止中に5人編成でリリースされた「雨と涙と乙女とたい焼き」「ファイヤイヤっ!!!」に関しては、長谷川愛里のボーカルも追加で新録し、6人バージョンの完全版「ALBUM VERSION」として収録される。

なお7月3日のラストライブのチケットは、5月17日からファンクラブ先行受付開始、6月12日から一般発売開始となる。

ふわふわれこーど コメント
いつも乙女新党を応援いただきありがとうございます。皆様に大切なお知らせがあります。

2012年12月結成以来、メンバーチェンジもありながら、3年半の間活動を行ってきた乙女新党ですが、この度、7月3日のTSUTAYA O-WESTでのワンマンライブをもちまして解散することになりました。

日々の活動の中で、メンバーの今後についてそれぞれの道へと進んだ方が良い時期が来たと考え、運営としてこの度解散を決断致しました。

これまで走り続けてこられたのも、ひとえにファンの皆様ならびに関係者の皆様の応援のおかげだと心より感謝しております。本当にありがとうございます。そして突然このような発表となってしまい、本当に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。

今後は、ラストアルバムとなります「乙女新党 第二幕 〜旅立ちのうた〜」をリリースし、最後のワンマンライブに向かって参ります。

このような決断に至りましたことをどうかご理解頂きたく、7月3日の最後のステージまで、乙女新党へ変わらぬご声援をいただけますと幸いに存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

高橋優里花 コメント
思えば、中3の冬から「乙女新党」としてアイドル活動をはじめて4年になります。私の青春そのもである乙女新党が解散しても「乙女新党は私のなかでも不滅です!みんな大好きです!」今まで応援してきてくれた党員の方々とともにこの幕はひきますが、次の高橋優里花もどうぞよろしくお願いいたします!

田尻あやめ コメント
この四年間応援してくださった党員のみなさん本当にありがとうございました。そして、夢の武道館に一緒に行けることが出来なくて本当にごめんなさい。乙女新党が学生生活の中心でした。党員の皆さんがダメダメな私を変えてくれました。色々あったけどこんな私を応援してくれて、支えてくれる党員さんが大好きです。これからは乙女新党の田尻あやめではなくなるけど、田尻あやめを見ててください。そして、残り二ヶ月…私は党員の皆さんに恩返しがしたいので会いに来てほしいです。乙女新党に出会ってくれてありがとう。

※相原まりに関しては本人の希望により文字でのコメントは控えさせていただきます。

緒方真優 コメント
乙女新党のメンバーとしてこの2年間活動が出来たことは、私の人生においてとても貴重な体験であり大切な時間でした。現状はまだ自分の気持ちの整理がつけられていませんが、乙女新党としての残りの活動を踏まえて今後の事を考えていきたいと思います。日々アイドルとして活動出来た事は、緒方真優を応援してくださったファンのみなさんのおかげです。大好きなアイドルが出来て幸せでした。本当にありがとうございました。残りの活動の中で今までの感謝の気持ちを伝えていきたいと思います。それが私に出来るみなさんへの恩返しだと思っています。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。