ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイムトラベラー2062年の人、次は5月17日に2chに再登場?ネットはざわざわ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2010年、匿名掲示板2ちゃんねるに突如登場した、通称2062氏。

彼は2062年からやってきた未来人を自称し、当時未来に関する色んな質問に答えています。勿論その存在の信憑性については「誰かのなりすまし」「悪ふざけ」程度に思われていましたが、彼が去った約3ヶ月後に東日本大震災が発生。

彼は去る直前に、他のユーザーからの「今後の自然災害」に関する質問にこんなことを答えていました。

「自然災害に関しては、言うことが許されない。人口動態変化に繋がることは言えないのだ。ただし、忠告しておく。yあ 間 N意 埜 b於 レ」。(2010/11/14)

これが東日本大震災の後、再注目され「yあ 間 N意 埜 b於 レ」は「山に登れ」という意味だったのでは。と解釈されたのです。

そして彼は2010年を去る際に、次は2016年4月15日に行くと言い残していました。あれから約6年。その日彼は再び2ちゃんねるに登場しました。

【関連:キターー!!2062年から来た未来人 約束の日2016年4月15日に2chに降臨?】

■南海トラフへの警告を示唆

4月15日の予告日を前に、14日の朝から2ちゃんねるオカルト版は活気づいていました。2062氏との再会へ向け着々とスレッドが消化されていたのです。そこに発生した、熊本地震の前震と言われるM6.5の地震。

翌15日。2062氏は約束どおり再登場を果たしました。そして前と同じく、他のユーザーからの質問にいくつか答えているのです。

彼は約6年前、2016年に行く目的を「大切なことを伝えるため」とも言い残していました。そこで答えを待ち続けた人達から「あなたが2016年の我々に伝えたかった大事なことを、先ず最初に私達に教えて下さい。」という質問が投げかけられました。

これに対し、2062氏は「そうだったな。 南海トラフのことだ。この時代の科学技術で既に起こることが予見されているはずだ。先輩方には行動してほしいと思っている。」と、今後発生が危惧されている南海トラフ地震への警告を示唆。さらに、次に再会できるのは5月17日と言い残し去って行きました。

■翌日に発生した熊本地震の本震

14日に発生した熊本地震。後から、前震であることが判明しましたが、15日時点ではまだ本震と思われていました。

そのため、2062氏の再登場について「地震の前に来てくれたら良かったのに」「意味がない」「単なる偶然」と流す人も多くいましたが、あけて16日。14日を超えるまさかの本震M7.3を記録したのは広く知られる通り。

約6年前に告知された再登場の日。奇しくもその前日に、熊本地震の前震。そして翌日に本震。
2062氏の行動を「偶然」と笑い飛ばす人が多い一方で、再登場日とされる5月17日を不安視する人がネットには多く出ています。

■でもあくまでネタ的で信憑性はない

2062氏が本当に未来人かどうかは定かではありません。そして彼は、地震に関する直接的な注意は何もしていません。あくまで「それっぽいことを言い」「周囲が勝手に解釈しているだけ」。

しかしネットでは先の質問にあった南海トラフと5月17日を結びつけ、この日に南海トラフ地震発生と解釈する人が少なくありません。

たしかに4月15日についてはタイミングが良すぎた気はします。でも先に述べたように、「2062氏が本当に未来人かは不明」。「単なる偶然」が今のところ可能性としては高いのです。

■ネタを逆手にとって「防災グッズ見直し」のきっかけに利用してみたら?

でも、「備えあれば憂い無し」という言葉もある通り、5月17日に何も起こらなかったとしても、いつかくる万が一に備えて、今ある防災グッズを点検するには丁度良い機会かもしれません。
ネタに振り回されるのではなく「こういうネタがあるから一応見とくかな」と逆に利用してみるのも手。オカルトネタは信じすぎるとろくなことになりません。だから「信じるも信じないもあなた次第」ではなく、「信じないけど一応備えておく」程度に受け止めると丁度いいのです。そう考えれば外れても腹は立ちませんからね。

関連記事リンク(外部サイト)

は?ケンタッキーから「ぷぇむゃちきふぃえしゃんど」新はちゅばい?
京都大学、ひたすら“めんどくさい”ゲーム型サイト公開
頑張れ未来の発明家!男の子が考案した夢いっぱいの発明に皆胸いっぱい

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP